「REGGAE」タグアーカイブ

MODS MAYDAY JAPAN 2017/ HAIR×FASHION SHOWCASE

MODS MAYDAY JAPAN 2017

5月に入り、毎年恒例のモッズメーデーの開催が近づいてきました。
今年のモッズメーデーには、READY STEADY GO!が、ONE NIGHT STOREを出店し、HAIR×FASHION SHOWにも協力する形で、コラボレーションを致します。
またセルクルルージュも企画協力という形で参加し、37回目の歴史を持つモッズメーデーのお手伝いをさせて頂きます。
コラボレーション企画の第1弾として、MODS MAYDAYと、READY STEADY GO!コラボレーションのトートバッグを制作致します。
MODS MAYDAYのロゴは、SOULCRAPのメンバーとしても活躍しているカッズミイダさんのイラストです。こちらはBLACKとREDの2種類を販売致します。

MODS MAYDAYコラボトートバッグ

コラボトートバッグRED

会場内には、READY STEADY GO! ONE NIGHT STOREを出店。新旧商品を販売予定です。
現在のモッズシーンをリードするグループTHE TOKYO LOCALSとREADY STEADY GO!とのコラボレーションTシャツも販売予定です。

THE TOKYO LOCALSコラボレーションTシャツ。英国より輸入した100%オーガニックコットンのTシャツです。

THE TOKYO LOCALSのTシャツは、背面ネックに英国製READY STEADY GO!のタグが付きます。

もう一つの大きなコラボレーションとして、今回のモッズメーデーの新しい試みになるHAIR×FASHION SHOWCASEを開催します。
こちらはMODなスタイルのヘアサロンを構えるrave ACTION and HAIR!のヘアショーに、モッズシーンではお馴染みの60’s スタイルのブランドJewel Trash+Ready Steady Go!のランウェイショーをコンビネーションする企画となり、ショー全体はLE CERCLE ROUGEがディレクションをします。

ヘアショーのパフォーマンスをするrave ACTION and HAIR!のオーナー佐藤亮之介さんから、ショーに向けたメッセージを頂いています。

1950年代のクラシカルで伝統的な感覚から1960年代のポップでカラフルできらびやかな世界を提供しているヘアサロン-rave Action and Hair!-は東京は北千住と高円寺で展開している。
2008年にオープン当初からブレる事なく、Modsテイストの「痒い所に手が届く」唯一無二のヘアサロンである。

数々のイベントでヘアショーをやってきたraveのヘアショーは1960年代にタイムスリップしたような時代のカルチャー表現に定評がある。また瞬時に作られるヘアスタイルの数々は息をのむこと間違いなし。

東京Modsに憧れて1993年に熊本から上京して今に至るrave代表の佐藤は美容師暦24年目、rave立ち上げ9年。rave10周年を目の前にしてMODS MAYDAY JAPAN 2017に出演させて頂く事は、我が美容師人生とMODSに捧げた人生の集大成としてヘアショーに意気込んでいる。ー

今回ステージに登場するヘアスチリストは、次の3名です。
南竹千代さん、原田春菜さん、佐藤亮之介さん。
そして、多分こちらもサプライズなスタイルになりそうなメイクは、Akikoさんです。

RAVE ACTION AND HAIR

ウイメンズの衣装Jewel Trashは、バンドVirginieのボーカルも務めるシミズミキさんがデザインするオーダーメイドスタイルのブランドです。

JEWEL TRASH

デザイナーシミズミキさんからも、ショーに向けたメッセージを頂きました。

『1960年代に敬意を表したブランド』
JEWEL TRASHを紹介する際に必ず添える言葉です。
華やかさと混乱、希望と闇、相反する要素がエネルギーとなり
様々なカルチャーが生まれた60年代。
女性のファッションでも伝統と未来、性別、大人と子供、
相反する要素が絡み合い、刺激的な物が沢山生み出されました。

宝石と屑。
やはり反対の要素をブランド名にしたJEWEL TRASHは
60年代とそこで生まれたカルチャーとファッションに最大限の敬意を表し、
ワンピースやセットアップなどオリジナルアイテムを作っています。

アメリカのインポートセレクトショップとして開業、
ヴィンテージドレスに特化したショップを経て
オリジナルアイテムを作るブランドとなりました。
男の子たちがMODS MAYDAYの為にスーツをあつらえるように、
女の子たちもJEWEL TRASHでヴィンテージドレスやオーダードレスを選んでくれています。
それぞれのコーディネートを楽しむ女の子の姿と、洋服たちが一段と生き生きとする瞬間。
それを見る事ができるのはとても楽しい事です。
そして今年はステージでヘアとファッションのショーとして、皆様にご覧いただく事となりました。
このショーを通じてJEWEL TRASHの事をもっと知っていただけたら、こんなに嬉しい事はありません。

ショーのテーマは『Bon Voyage』
出発地はMODS MAYDAY JAPAN 2017、19時00分に離陸です。
飛行時間は約30分。どうぞお乗り遅れのないよう、そして行く先々の景色を存分にお楽しみください。
ご搭乗後も引き続き、MODS MAYDAYを朝まで存分にお楽しみください。

シミズ ミキ

JEWEL TRASH

ショーのアクセサリーの提供は、同じくモッズシーンではお馴染みのBeat Boutiqueです。
今回のショーでは重要なエレメンツになるDJは、MASAさん(FACING FACTS)です。
ヘアショーからJEWEL TRASHのランウェイショーまで、モデルは、キワさん、サオリーヌさん、チヒロさんの3名。
どのようなスタイルで登場するのか、是非お楽しみに!

MORE THE MAN

Ready Steady Go!のメンズウエアのモデルは、今回のモッズメーデーのヘッドライナーを努める冷牟田竜之君率いるMORE THE MANから、只熊良介さん、梅田誠志さん、丹沢誠司さんの3名が出演してくれることになりました。
以下MORE THE MANの紹介です。

MORE THE MAN 
「SKAの魅力を若い世代に」を揚げ、日本の若手プレーヤーを中心にしたSKA UNIT。
プロデュースはスカパラでリーダー経験もある冷牟田竜之(ex東京スカパラダイスオーケストラ)。

只熊良介さん プロフィール▼(DRUMRS)

只熊良介

17歳で初めてドラムセットに触れ、19歳で上京後本格的にドラムにのめり込む。
大学卒業後、数々のサポート、セッション、スタジオワークをする中、2008年のSUMMER SONIC、ap bank fesに出演。
2010年、paris match杉山洋介プロデュースによりデビューしていたchocolatreに加入。
2011年、アメリカのドラムメーカーGretschのエンドーサーとなる。
2012年、chocolatre3枚目のアルバムのリリースワンマンにゲストとしてclammbonの伊藤大助、fhánaの佐藤純一が参加し、ツインドラムでのライブをshibuya WWWにて敢行。
同年、バイオリンインストユニットstyle-3!にレギュラーサポートとして参加し始め、
赤坂BLITZ、関内大ホール、日本橋三井ホール、渋谷公会堂などのホールワンマンに出演。

2016年より、元東京スカパラダイスオーケストラの冷牟田竜之率いるスカバンドMORE THE MANへ加入。

2017年2月Chara25周年を彩る「Naked & Sweet Soul Session Tour」にツアードラマーとして参加。

過去のライブサポート、レコーディング参加アーティスト:
信近エリ、ゲントウキ、寺尾紗穂、ヒラマミキオ(ex東京事変)、K、fhána等

梅田誠志さん プロフィール▼(BASS)

梅田誠志

神奈川県出身。中学生の時にギターを始める。大学入学後にバンドを組もうとしたがベーシストが見つからず、見つかるまで、という条件でベースを始める。
2002年、バンドでメジャーデビュー。バンドの活動休止後にサポートミュージシャンとしての活動を開始。2009年にはHOME MADE 家族の武道館公演に参加。ライブ、レコーディング、TV収録をはじめ、ミュージカルなど様々な場で活躍中。
また現在、冷牟田竜之(ex東京スカパラダイスオーケストラ)率いるMORE THE MAN、THE SOUL KLAXON2、”tsukuyomi”のメンバーとしても活動中。

サポート・共演アーティスト(順不同、敬称略)
赤と嘘(Vo森翼)、IMALU、NHK「シャキーン」、大友マサノリ、大渡亮(Do As Infinity)、川島敬治、SOLMA、TAKATSUKI、つるの剛士、波音(ex cune小林亮三)、P.O.P、Hiro-a-key、藤岡正明、HOME MADE 家族、星子健太郎、正木慎也(ex忍者)、MASH、他

丹沢誠二さんプロフィール▼ (SAX)

丹沢誠二

国立音楽大学サクソフォーン専攻を卒業、在学中に国立音楽大学ニュータイドジャズオーケストラに所属し、山野ビックバンドジャズコンテストにおいて三連覇を果たす。これまでに小曽根真、渡辺貞夫、山下洋輔、本田雅人などの著名なアーティストとの共演歴を持つ。現在は”Lowland Jazz”のメンバーとして、日本コロムビアレコードからメジャーデビュー。また、冷牟田竜之の新ユニット“MORE THE MAN”のメンバーである。他にも氷川きよしのレコーディング参加、華原朋美、℃uteのMV出演や矢沢永吉、松崎しげる、真琴つばさ、ももいろクローバーZなどのアーティストと共演。アーティストとしてNHKラジオ「ごごラジ」にゲスト出演。幅広く活動している。

イベントの詳細は、MODS MAYDAY JAPANのFACEBOOKページをご覧下さい。
HAIR×FASHION SHOWCASEは、19時〜BAR STAGEにてスタート予定ですので、お見逃しないようお願い致します。。
今年のモッズメーデーは、MORE THE MANを始めとする素晴らしいバンドやDJが出演し、このHAIR×FASHION SHOWCASEや、リズム&ブルース トークセッションという新しい企画もあり、盛り沢山で楽しめるプログラムになっています。
5月20日土曜日、是非新宿ロフトにお越し下さい。

BON VOYAGE!

MODS MAYDAY JAPAN 2017
2017/ 5/ 20 sat.
OPEN & START 16:00 (Allnight)
at SHINJUKU LOFT
ADV. : ¥4,500(D別)
DOOR : ¥5,000(D別)
Ticket info
http://pia.jp/ (P: 325-664)
http://l-tike.com/ (L: 77332)
http://eplus.jp/


MORE THE MAN
ソトルソチャード
The 56789s (with Morgan Fisher)
Bloodest Saxophone
THE FAVE RAVES
Soulcrap
Phelge
BLUESHARP NATSUKO BAND
THE TOKYO LOCALS 特別編 feat HIROKING
Kazumaro Yoshida
THE MONKEY
Motel’s Sofa
THE RICOTTES
Mellow Fellow
dirty bucks feat. peteracco
NERVOUS HEARTS
Les Envahisseurs (Canada)
The Toucans


Manabu K.Dove
大貫憲章
鈴木啓志 (Soul Master)
YAMA a.k.a.SAHIB (Jazzbrothers)
vinylDJ 竹花 英二 (Jazzbrothers)
Masao Kawano (LE CERCLE ROUGE)
ミト (クラムボン)
GENO SATO
Daddy-0-Nov (Back From The Grave,Radio Underground)
Tatsuya Inaba
Satoru Fujii (CARIBBEAN DANDY)
TETZ MATSUOKA
Hiroshi Sekiguchi (FRATHOP Records)
BIGBOB AMEMIYA
Maru Inoue (Modern Records)
DJ HOLIDAY
城内宏信
Naoki Kato
末續哲玄<s.t.g.>
福田俊介
寺島英知郎
Rei Ishii (The Numbers!)
uCjima (NIGHT FOX CLUB)
and more


rave Action and Hair!
Jewel Trash
READY STEADY GO!


鈴木啓志, 青山春裕, Taiki.N, 山下洋, Manabu K,Dove

more info
www.mod.tokyo
https://www.facebook.com/modsmaydayjapan/
https://goo.gl/unrADb

主催
MODS MAYDAY JAPAN実行委員会
Soundterior
企画協力
LE CERCLE ROUGE
協力
YOUNG SOUL REBELS
READY STEADY GO!
Green Union Records
rave Action and Hair!
Jewel Trash

Ready Steady Go News 2017 March

DJ SCRATCHYが出演するFIGHT FOR RIGHTS

この春からREADY STEADY GO!周辺のイベントが多くなってきますので、こちらでインフォメーションします。

まずはREADY STEADY GO!とJUN Redとのコラボレーションアイテムが、この春夏登場します。
発売は3月16日からです。

続いて以前にもご紹介したDJ SCRATCHYが来日して、幾つものイベントに出演します。
特に4月7日(金)渋谷スタジオで開催されるFIGHT FOR RIGHTS VOL74は、注目しているミュージシャンやDJが集結します。
LIVEは、10インチアナログ盤をリリースしたばかりのTHE TOKYO MOUNTAINSにKASHMERE&THE VINTAGE SCRAPS、モッズシーンを引っ張る二人のLUI BLUESFACE(TOKYO LOCALS)& TAIKI NAKAMOTO(SOUL CRAP)の3グループ。
DJには、THE MANを発展的解消させ、新たにMORE THE MANを結成した冷牟田竜之さんが1昨年に続き、DJ SCRATCHYと共演するなど、Ready Steady Go!周辺のアーチストが集結します。

DJ SCRATCHY with THE MAN

続いて4月15日(土)栃木県足利のJAZZ屋根裏で開催されるTOKYO LOCALSのライブTHE BIGGEST SHOW OF TOKYO LOCALSでは、READY STEADY GO! ONE NIGHT STOREを出店しますので、近隣の方、是非お越し下さい。

4月15日足利JAZZ 屋根裏

そして年に1度のMODSの祭典MODS MAYDAY 2017にも、READY STEADY GO! ONE NIGHT STOREを出店する予定です。

MODS MAYDAY JAPAN2017

今年のMODS MAYDAYは、5月20日(土)16時スタート。会場は昨年と同じ新宿ロフトで、冷牟田竜之君率いるMORE THE MANを筆頭に、数多くのバンドやDJが出演します。
今回のMODS MAYDAYと、READY STEADY GO!のコラボレーション商品も、会場では販売する予定です。

昨年は高円寺のGARTER GALLERYで開催し、大変好評だったREADY STEADY GO!のポップアップストアを、今年はホームタウンであった渋谷並木橋にほど近いHOT BUTTERED CLUBで、7月15日(土)16日(日)の二日間開催します。
ショップだけではなく、昼間はカフェ、夜はクラブという形で、今私たちが注目している8組のLIVEも予定しています。
詳細は近日発表致します。
またご要望の多いweb storeも、近日中にオープン予定です。

是非今後のReady Steady Go!の動きにご注目ください。