「SKA」タグアーカイブ

The Tokyo Locals 『Shake Your Hips』/ Mods Mayday Japan 2019

SHAKE YOUR HIPS

1980年代の終わりに伝説的なMODSバンドThe HaiRのボーカリストとして現れ、その後実兄ギムラ没後の東京スカパラダイスオーケストラのボーカルを務めたLui Bluesface (A.K.A杉村ルイ)。これまでセルクルルージュでは、何回か紹介をしているアーチストだ。
結成以来10年の時を経て、Lui率いるThe Tokyo Localsが、遂にデビューアルバムを、LuiのレーベルLocal Production Recordsよりリリースする。
オリジナル1曲を含む収録曲には、ブルーズを中心に、ガーシュウィンやキャブ・キャロウェイのクラシックナンバーからジェームス・ブラウンのR&Bナンバーまで、これまでLuiが演奏してきたルーツミュージックが凝縮されている。
レコーディングには、塚本功(ギター/元ピラニアンズ)、清水一平(ギター・/Soulcrap)、HIROKING(ブルースハープ)などのオリジナルメンバーに加えて、昨年Local Production Recordsからデビューアルバム『Blue Stocking』をリリースしたNatsuko (Vocal, Blues harp)と、盲目のブギウギピアニストジョニーが参加している。
レコーディング・ディレクターは、Taiki Nakamoto (Soulcrap)。オープンリールで録音し、60年代の機材を駆使して、細部まで徹底してこだわったヴィンテージな感触のサウンドを作り上げた。
アルバムジャケットの写真は、ジョー・ストラマー(The Clash)公認のフォトグラファー菊地昇。インナーブックレットには、アルゼンチンのアーティスティックな女性フォトグラファー、セレステ・ウレアーガが撮影したLuiの写真。いずれもThe Tokyo Localsに相応しい、Rudyな写真である。
新元号になって1ヶ月後の6月1日にリリースされる『Shak Your Hips』は、30年間日本の稀有なR&Bシンガーとして異才を放ってきたLui Bluesfaceの音楽的集大成であり、強力なメンバーとスタッフによって構築された、新たな時代に挑む全ての魂の挑戦者達に捧げる音楽的ガイダンスである。

photo by
Sho “Cool” Kikuchi

『Shake Your Hips』収録曲。
1. Shake your Hips
アルバムやイベントタイトルにも使っている1966年スリム・ハーポによるブギナンバー。ローリング・ストーンズが『メインストリートのならず者』でもカバーしている。The Tokyo Localsのバージョンは、ストーンズよりもさらに高速なブギにチューンナップされている。
2. Okie Dokie Stomp /Roll ‘em Pete
1954年クラレンス・ゲートマウス・ブラウンによるインストJive「 Okie Dokie Stomp」から、1939年ジョー・ターナーによるJumpナンバー「Roll ‘em Pete」へのメドレー。
3. And I Do Just What I Want
1960年ジェームス・ブラウンのシングル『Bells』B面。Luiが長年歌ってる強力なダンスR&Bチューン。
4. Don’t Start Me Talkin’
1955年ソニー・ボーイ・ウイリアムソンのブルーズナンバー。オリジナルレコーディングには、マディ・ウォーターズや、ウイリー・ディクソンが参加。
5. They Can’t Take That Away For Me
ガーシュウインが、1937年フレッド・アステア主演『Shall We Dance』の為に書き下ろしたボーカルナンバー。アルバムではLuiとNatsukoのツインボーカルが聴ける。
6. My Babe
1955年ウイリー・ディクソンによる、誰もが一度は耳にしたことのあるお馴染みのブルーズナンバー。ライブでのアンコールに使われる事が多いナンバー。
7. Watch Yourself
1970年ブルーズ・ギタリスト、バディ・ガイのファンキーブルーズチューン。
8. Wang Dang Doodle
1961年ハウリン・ウルフ、1966年ココ・テイラーがリリースした酒場のブルーズ的なチューン。デビューアルバム『Blue Stocking』で同曲をカバーしたNatsukoが参加。
9. Minnie The Moocher
1931年リリースされたキャブ・キャロウェイの代表曲。オーケストラ楽曲を、バンドアンサンブルで再現している。
10. Lime House Blues
1920年代に作られたと思われるインストJive チューン。デューク・エリントン、ルイ・アームストロング、ジャンゴ・ラインハルトなど、名だたる巨人が録音しているスタンダードナンバー。
11. One More Love
アルバム唯一のオリジナル曲。
ソングライターとしてのLuiの実力を、聞いて頂きたいグルーヴ感溢れる1曲。

Photo by Celeste Urreaga

以下はLuiからリスナーの皆様へのメッセージである。

混迷を極める時代の変革期の真っ只中に、普遍的大衆性を兼ね備えたブルーズを主軸としたこのファーストアルバム、『Shake Your Hips』を世に送り出す事ができたことを、何よりも嬉しく誇らしく感じる。
卓越したセンスと個性を持つミュージシャン達の出音や演奏へのこだわり、そして協力スタジオ、録音場所提供者、エンジニア達、機材やアイデア提供を施してくれた、多くの優れた表現者達の発想や閃きの数々。
そして何より、最後まで決して諦める事なく不屈の精神で録音、再録、ミックス、マスタリングに莫大な時間を割き、この作品を世に放つ為に力を惜しむ事無く尽力してくれたTaiki Nakamoto (Soulcrap, GREEN UNION RECORDS)に、絶大なる信頼と敬意を払い感謝を述べたいと思う。

思えば様々な形で、ブルーズをはじめとするジャマイカ音楽、数々のレベルミュージック、ストリートミュージックのグルーブやビートへの表現の熱き想いと可能性に研鑽を重ね、オリジナルを乱造し、挑戦的アイデアを生み、構想、再編と挫折を繰り返してきた。
そして現メンバーとの出会いから再チャレンジと、このアルバムを築き上げるに至るまでの年月の経過には、簡単には筆舌に尽くし難く、紆余曲折を介し様々な道筋を経てきているのは、勿論言うまでもない。
しかし、バンドを結成してから一つの節目にさしかかる10年の歳月を経ようとする今、結成当時は思いもしなかった自身のルーツでもある初期衝動的R&B的解釈と表現アプローチや、オリジナル曲をも含めたあらゆる時代のブルーズミュージックを、国境や文化、様式美や時代を越え、ここまで見事に幅広く表現するに至る事になろうとは、正直想像だにしなかった。

歴代の名曲を演奏再現、再構築し、古の良き時代に思いを寄せ想像してみてわかる事は、下世話で猥雑で卑猥な街頭の風景や暗雲漂う時代背景、そこに繰り広げられる数々の人間ドラマと様々な人生、駆け引きや、騙し合い、裏切り、希望や絶望、泣き、笑い、悲しみ…etcだ。
日々生死の淵に直面する人々が、自由と愛と粋を胸にどう力強く貫き生きたのか、社会最底辺の路地裏に巣食う愛すべき天使や天才達が織り成す事実を基とした、果てしなき等身大の大衆の一大短編叙事詩であると解釈している。
そしてブルーズのような大衆音楽こそ、偉大な先人達の知恵と知識と教訓の伝承であり、この混迷の時代を生きる人々にとって絶対的に必要なガイダンスとなり、回答や打開策への手がかりへと導く道しるべになると言えるのではないだろうか?

この『Shake Your Hips』には、Local Production Recordsのファーストタイトル『Blue Stocking』でおなじみのシンガー兼ブルーズハーピストのNatsukoと、Boogie Woogieでも有名な盲目のRock’n Roll PinanistのJohnnyが、ゲストとして参加してくれた。
Wood BassにTone-ero、そしてElectric BassにMahという全くスタイルの異なるBass Playerの献身的、情熱的サポートも含めて、この4人の協力なくしては決して上りつめる事は不可能であった巓であった事はまぎれもない事実であり、心より感謝をしている。

言うなれば、果てしなき夜明けへと続く夜のいばらの山道を選ぶ、志を共にする全ての美しき魂の挑戦者達に、このアルバムを聴いてもらいたい。
The Tokyo Localsが自信を持ってお届けするファーストアルバム『Shake Your Hips』を、様々な地位や場所に生き、日々怒りや憤りを感じながらも、それでもなお良き世界を築き上げようと、粘り強く努力し生き暮らす全ての人々の人生に捧げたい。

Lui Bluesface (The Tokyo Locals)

NATSUKO『BLUE STOCKING』

The Tokyo Locals
Lui Bluesface (Vo)、塚本功(Guitar),
清水一平(Guitar/)、HIROKING(Blues Harp)
長谷川ナオヤ(Drums), MAH(E Bass), Tone-ero(Wood Bass)
+ゲスト/ Natsuko(Vo, Blues Harp), Johnny(Piano)

『Shake Your Hips』The Tokyo Locals
©Local Production Records LPR-0002

¥2,500+税
2019年6月1日より全国主要レコード店
及びAmazon,Ready Steady Go! Official Online Store
にて、発売予定。

The Tokyo Locals リリースライブスケジュール

5/18 東京MODS MAYDAY @新宿LOFT
5/21 Radical Music Network SP2019春/ Gaz Mayall Japan tour
@下北沢ベースメントバー
5/25 福岡 MODS MAYDAY @Kieth Flack
6/2 東京新宿 DU CAFE アルバムリリース視聴会イベント
6/6 アルバムリリース FREE LIVE @渋谷THE ROOM
6/22 アルバムリリースパーティ/UP ON THE ROOF with Soulcrap  @三軒茶屋a-bridge

そして今年のMODS Mayday JAPAN2019
MODS MAYDAYも、毎年ご紹介しているが、今年はThe Tokyo Locals,Natsukoの出演はいつも通りだが、ロンドンからギャズ・メイオールが来日し、MODS MAYDAYでは1987年以来となるDJをする予定である。

以下はオーガナイザー黒田マナブからのメッセージ。

39回目を迎える2019年今年のMODS MAYDAY JAPANのテーマは「DO THE SKA」MODSが愛したSKA !!。

豪華なバンド達に加えDJにもCLUB SKAや東京ロンドン化計画、VERSION CITYなどからゲストDJを招き、MODSシーンでも人気のDJ関口弘、佐藤志朗、Maru、uCjimaらが共演。

60年代イギリスでのMODSとSKAミュージックの関係, 80年代のMODSリバイバルと2toneの関係、その後のスカフレイムスが初めてMODS MAYDAYに出演した頃の東京MODSシーンとSKAの関係、GAZがMODS MAYDAYにLAUREL AITKENとPATATO 5で出演した1987年のMODS MAYDAY at INK 芝浦の話しなどなど、また現在のSKAシーンとMODSシーンの関係を含め、改めて今のSKAシーンやMODSシーンに集まる人たちへ色々と伝えたい!!。
そんな、思いを今年のMODS MAYDAYの会場で感じてもらえたら、最高に嬉しいです。
そして、楽しみに待っていてください!!

2019.5.18 (sat)
OPEN & START 18:00 (Allnight)
at SHINJUKU LOFT

TICKET : ¥5,000(D別)
DOOR : ¥5,500(D別)


SKA FLAMES/Blue Beat Players/THE FAVE RAVES/THE TOKYO LOCALS/RUDE BONES/Motel’s Sofa/Soulcrap/Natsuko & Johnny/
THE AUTOCRATICS/Le Virginie/NERVOUS HEARTS/THE RICOTTES/dirty bucks feat.peteracco/The Steed Hooves (Opening Act)


GAZ MAYALL/ピーター・バラカン/大貫憲章/CLUB SKA/東京ロンドン化計画/Version City/
稲葉達哉/Daddy-0-Nov(Back From The Grave,Radio Underground)/藤井悟(CARIBBEAN DANDY)/DJ HOLIDAY/
関口弘(FRATHOP Records)/momo/TXAKO(JAPONICUS / CARIBBEAN DANDY)/川野正雄(Local Production Records)/堀井康
佐藤志朗(FACING FACTS)/Maru(Modern Records)/寺島英知郎/加藤直樹/Jaga b/福田俊介/末續哲玄<s.t.g.>/Rei Ishii(The Numbers!)/
uCjima(NIGHT FOX CLUB)/ヒラノツヨシ(BLAST JAMS!!)/黒田マナブ “K.Dove”

Ready Steady Go! Mods Mayday コラボレーショントートバッグ
Ready Steady Go! Mods Mayday コラボレーショントートバッグ ¥2,000(in tax)

会場では、恒例となりつつあるReady Steady Go!と、Mods Maydayのコラボレーショントートバッグ(¥2,000 in tax)や、Ready Steady Go!メイドのThe Tokyo Locals Tシャツ(¥3,000 in tax)、『Shake Your Hips』先行発売(会場限定特別価格¥2,500 in tax)を販売致します。
またThe Tokyo LocalsのCDとTシャツを同時お買い上げの方は、特別価格¥5,000(in tax)で、販売致します。

The Tokyo Locals Tシャツby Ready Steady Go!

MODS MAYDAY JAPAN 2018

今年もMODS MAYDAY JAPANの開催が近づいてきました。
昨年に続き、セルクルルージュ及びREADY STEADY GO!で、全面協力をしています。
第38回目になる今年の開催は5月19日(土)。会場は3年連続になる新宿ロフトです。
今年のテーマは、「東京MODSシーンのルーツ」。
1960年代英国のMODSシーンをリアルに体現しているピーター・バラカン氏によるDJ&トークライブ。当時のMODSが愛したブラックミュージックなど、我々が体験することの出来なかった60年代ロンドンのシーンについての、リアルな証言をして頂きます。
先頃横浜で開催されたトークセッション「音と共に生きる」でも、ジャマイカンのスーツの話などMODSシーンの生々しいエピソードが満載だったので、MODS MAYDAYでは、更にコアなエピソードが語られるのではないかと、今から期待をしている。

ピーター・バラカン

そしてゴールデンカップスのオリジナルメンバーであるエディ藩氏のライブ。当時は自分が幼過ぎて、タイガースやテンプターズに比べて、わかりにくい格好よさだったのがカップスである。しかし今改めて聞くと、全く古びれてなく、60年代の日本のシーンとしては、限りなくブラックミュージックに接近しているその演奏には、改めて驚かされる。
特にエディ藩氏は、日本人が海外に行くことの少なかった60年代半ばに渡米し、本場のブルーズや、ヴァン・モリスンのTHEMのライブを体験しているという。多分日本人でTHEMのライブを生で見た人間は、他にはいないのではないだろうか。
個人的には70年代に、エディ藩氏のオリエント・エキスプレスというバンドのライブを、沢田研二の日比谷野音でのコンサートや、自分の学校の学園祭で、何回か体験している。当時としては珍しいホーンセクションの入ったグループで、一歩も二歩も進んだFUNKを演奏しており、これまた当時の高校生には理解のしにくい進み方であった。
今回はMODSシーンのアーチストとのセッションも予定されている。リアルな60年代を体現しているエディ藩氏と、MODSシーンのコラボレーションで、どのような化学反応が生まれるのか、非常にスリリングなステージが期待される。

エディ藩

今年は女性がフロントになるグループが多いのも、特徴である。
久々のスクーターズ、昨年末のMARCH OF THE MODSで復活したプラネッツ、今年は大きな飛躍が期待されているNATSUKO、CDデビューしたMotel’s Sofaや、dirty bucks feat. peteraccoなど、女性アーチストのステージに、是非注目して頂きたい。

スクーターズ
PLANETS
NATSUKO

そしてセルクルルージュでも何回か紹介しているTHE TOKYO LOCALSSoulcrap,先日CDをリリースしたTHE GENO LONDONなど常連のバンドや、次々に登場するDJの顔ぶれも、見逃せない。
今年は18時頃早い時間から次々に、MAYDAYの顔になるようなグループが登場する。オールナイトの長丁場になるが、是非早い時間から会場に足を運んで頂きたい。

THE TOKYO LOCALS
Soulcrap

昨年に続くReady Steady Go!とMODS MAYDAYのコラボレーションとして、今年はTシャツとトートバッグを制作致します。
Tシャツは、アッシュグレーとロイヤルブルーの2色で、Mods Mayday Japan 2018 Specialとネーミングしました。
キーカラーのロゴはMODSをイメージするトリコロールカラーです。
ボディフロントには、Ready Steady Go!の英国製タグが縫いつけられています。
GOLD/OLIVEの新色と合わせて、2018年限定生産になります。
Ready Steady Go! Official Online storeで先行発売もスタートしています。

RSG! GREY/TRICOROLE T
シャツ
RSG! BLUE/TRICOROLE T
シャツ

尚READY STEADY GO!の一部商品は、群馬県高崎市にあるセレクトショップMODERN TIMESでお買い求め出来るようになりました。
お近くの方は、是非一度足をお運び頂けますでしょうか。

昨年好評で完売したダブルネームのトートバッグも、今年はカラーを変えて登場します。アッシュグレーのTシャツと同じイメージになるグレイを基調にしたモデルです。
こちらはMODS MAYDAY JAPANの会場のみでの限定販売になります。
Tシャツ2色と合わせて、MODS MAYDAY会場で,是非ご覧になってみてください。

READY STEADY GO! MODS MAYDAY コラボレーショントートバッグ
READY STEADY GO! MODS MAYDAY コラボレーショントートバッグ

40周年に向けて、まだまだ進化し続けているMODS MAYDAY JAPAN。
是非足を運んで、体験してみて頂けますでしょうか。

MODS MAYDAY JAPAN 2018
2018/ 5/ 19 sat.
OPEN & START 16:00 (Allnight)
at SHINJUKU LOFT
TICKET : ¥5,000(D別)
DOOR : ¥5,500(D別)
*再入場可(要ドリンク代)
TICKET
ローソン0570-000-777(Lコード:75809)
http://l-tike.com/order/?gLcode=75809

イープラス
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002253150P0050001P006001P0030001

<>
エディ藩(G,Vo/ゴールデンカップス)
The SCOOTERS
The 5678’s
THE GENO LONDON
THE FAVE RAVES
THE TOKYO LOCALS
BACKDOOR MEN
Soulcrap
Natsuko
PLANETS
THE MONKEY
THE RICOTTES
NERVOUS HEARTS
Motel’s Sofa
dirty bucks feat. peteracco
High Style
The Bloodest Saxophone

Special Talk Live>>
ピーター・バラカン

DJ
黒田マナブ
大貫憲章
稲葉達哉
Daddy-0-Nov (Back From The Grave,Radio Underground)
藤井悟(CARIBBEAN DANDY)
松岡徹
宮永桂 (THE SKA FLAMES)
関口弘(FRATHOP Records)
MORRIE MORISSETTE (FABULOUS PARADE)
中村智昭 (MUSICAÄNOSSA / Bar Music)
川野正雄 (Le Cercle Rouge/Ready Steady Go!)
堀井康
佐藤志朗(FACING FACTS)
井上丸(Modern Records)
寺島英知郎
加藤直樹
Jaga b
福田俊介
MA☆SA(FACING FACTS / 東京ロンドン化計画)
末續哲玄<s.t.g.>
Rei Ishii (The Numbers!)
uCjima(NIGHT FOX CLUB)
ヒラノツヨシ(BLAST JAMS!!)
MACHI(Mega Munch Oysters/BLAST JAMS!!)

more info
MOD. TOKYO

FACEBOOK PAGE