「TOKYO LOCALS」タグアーカイブ

MODS MAYDAY JAPAN 2018

今年もMODS MAYDAY JAPANの開催が近づいてきました。
昨年に続き、セルクルルージュ及びREADY STEADY GO!で、全面協力をしています。
第38回目になる今年の開催は5月19日(土)。会場は3年連続になる新宿ロフトです。
今年のテーマは、「東京MODSシーンのルーツ」。
1960年代英国のMODSシーンをリアルに体現しているピーター・バラカン氏によるDJ&トークライブ。当時のMODSが愛したブラックミュージックなど、我々が体験することの出来なかった60年代ロンドンのシーンについての、リアルな証言をして頂きます。
先頃横浜で開催されたトークセッション「音と共に生きる」でも、ジャマイカンのスーツの話などMODSシーンの生々しいエピソードが満載だったので、MODS MAYDAYでは、更にコアなエピソードが語られるのではないかと、今から期待をしている。

ピーター・バラカン

そしてゴールデンカップスのオリジナルメンバーであるエディ藩氏のライブ。当時は自分が幼過ぎて、タイガースやテンプターズに比べて、わかりにくい格好よさだったのがカップスである。しかし今改めて聞くと、全く古びれてなく、60年代の日本のシーンとしては、限りなくブラックミュージックに接近しているその演奏には、改めて驚かされる。
特にエディ藩氏は、日本人が海外に行くことの少なかった60年代半ばに渡米し、本場のブルーズや、ヴァン・モリスンのTHEMのライブを体験しているという。多分日本人でTHEMのライブを生で見た人間は、他にはいないのではないだろうか。
個人的には70年代に、エディ藩氏のオリエント・エキスプレスというバンドのライブを、沢田研二の日比谷野音でのコンサートや、自分の学校の学園祭で、何回か体験している。当時としては珍しいホーンセクションの入ったグループで、一歩も二歩も進んだFUNKを演奏しており、これまた当時の高校生には理解のしにくい進み方であった。
今回はMODSシーンのアーチストとのセッションも予定されている。リアルな60年代を体現しているエディ藩氏と、MODSシーンのコラボレーションで、どのような化学反応が生まれるのか、非常にスリリングなステージが期待される。

エディ藩

今年は女性がフロントになるグループが多いのも、特徴である。
久々のスクーターズ、昨年末のMARCH OF THE MODSで復活したプラネッツ、今年は大きな飛躍が期待されているNATSUKO、CDデビューしたMotel’s Sofaや、dirty bucks feat. peteraccoなど、女性アーチストのステージに、是非注目して頂きたい。

スクーターズ
PLANETS
NATSUKO

そしてセルクルルージュでも何回か紹介しているTHE TOKYO LOCALSSoulcrap,先日CDをリリースしたTHE GENO LONDONなど常連のバンドや、次々に登場するDJの顔ぶれも、見逃せない。
今年は18時頃早い時間から次々に、MAYDAYの顔になるようなグループが登場する。オールナイトの長丁場になるが、是非早い時間から会場に足を運んで頂きたい。

THE TOKYO LOCALS
Soulcrap

昨年に続くReady Steady Go!とMODS MAYDAYのコラボレーションとして、今年はTシャツとトートバッグを制作致します。
Tシャツは、アッシュグレーとロイヤルブルーの2色で、Mods Mayday Japan 2018 Specialとネーミングしました。
キーカラーのロゴはMODSをイメージするトリコロールカラーです。
ボディフロントには、Ready Steady Go!の英国製タグが縫いつけられています。
GOLD/OLIVEの新色と合わせて、2018年限定生産になります。
Ready Steady Go! Official Online storeで先行発売もスタートしています。

RSG! GREY/TRICOROLE T
シャツ
RSG! BLUE/TRICOROLE T
シャツ

尚READY STEADY GO!の一部商品は、群馬県高崎市にあるセレクトショップMODERN TIMESでお買い求め出来るようになりました。
お近くの方は、是非一度足をお運び頂けますでしょうか。

昨年好評で完売したダブルネームのトートバッグも、今年はカラーを変えて登場します。アッシュグレーのTシャツと同じイメージになるグレイを基調にしたモデルです。
こちらはMODS MAYDAY JAPANの会場のみでの限定販売になります。
Tシャツ2色と合わせて、MODS MAYDAY会場で,是非ご覧になってみてください。

READY STEADY GO! MODS MAYDAY コラボレーショントートバッグ
READY STEADY GO! MODS MAYDAY コラボレーショントートバッグ

40周年に向けて、まだまだ進化し続けているMODS MAYDAY JAPAN。
是非足を運んで、体験してみて頂けますでしょうか。

MODS MAYDAY JAPAN 2018
2018/ 5/ 19 sat.
OPEN & START 16:00 (Allnight)
at SHINJUKU LOFT
TICKET : ¥5,000(D別)
DOOR : ¥5,500(D別)
*再入場可(要ドリンク代)
TICKET
ローソン0570-000-777(Lコード:75809)
http://l-tike.com/order/?gLcode=75809

イープラス
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002253150P0050001P006001P0030001

<>
エディ藩(G,Vo/ゴールデンカップス)
The SCOOTERS
The 5678’s
THE GENO LONDON
THE FAVE RAVES
THE TOKYO LOCALS
BACKDOOR MEN
Soulcrap
Natsuko
PLANETS
THE MONKEY
THE RICOTTES
NERVOUS HEARTS
Motel’s Sofa
dirty bucks feat. peteracco
High Style
The Bloodest Saxophone

Special Talk Live>>
ピーター・バラカン

DJ
黒田マナブ
大貫憲章
稲葉達哉
Daddy-0-Nov (Back From The Grave,Radio Underground)
藤井悟(CARIBBEAN DANDY)
松岡徹
宮永桂 (THE SKA FLAMES)
関口弘(FRATHOP Records)
MORRIE MORISSETTE (FABULOUS PARADE)
中村智昭 (MUSICAÄNOSSA / Bar Music)
川野正雄 (Le Cercle Rouge/Ready Steady Go!)
堀井康
佐藤志朗(FACING FACTS)
井上丸(Modern Records)
寺島英知郎
加藤直樹
Jaga b
福田俊介
MA☆SA(FACING FACTS / 東京ロンドン化計画)
末續哲玄<s.t.g.>
Rei Ishii (The Numbers!)
uCjima(NIGHT FOX CLUB)
ヒラノツヨシ(BLAST JAMS!!)
MACHI(Mega Munch Oysters/BLAST JAMS!!)

more info
MOD. TOKYO

FACEBOOK PAGE

SWINGING MIND vol2 2days R&B SESSION/ 2nd day: Shimokita Pub Session

good heavens

7月にHOT BUTTERED CLUBで開催したSWINGING MINDの第2弾は、2days R&B Sessionとして、11月5日(日)及び18日の2日間、会場を変えて開催致します。
第1回は音楽とファッションを楽しんで頂きましたが、第2回は音楽と飲食を楽しんで頂くパッケージで、お届け致します。
2日目の18日は、下北沢にある英国パブGOOD HEAVENSで、Shimokita Pub Sessionとして開催致します。出演は日本を代表するサザンソウルユニットTHE TWO FAVES、同じく日本を代表するハーピストであるナツコ&ジョニー、R&Bシーンを代表するLUI&TAIKIの共演という豪華Live+DJ佐藤志朗(Facing Facts)による選曲で、お届けします。
この日は入場料をフリー、英国ビールやUKフードをご注文頂くだけというシステムにしますので、是非お気軽にお越しください。
モッズ出身のデービスさんがオーナーのGood Heavensでは、珍しい英国ビールや、フィッシュ&チップス、シェファーズパイなどの英国メニューをお楽しみ頂けます。

Door Open 18:00 Charge free+1Drink+Donation(入場料金はフリー。投げ銭制となります)
Live: Two Faves
 Natsuko&Johnny
  Lui&Taiki
DJ’s
佐藤志朗(Facing Facts)
Masao Kawano(Le Cercle Rouge)

★Lui&Taiki

Taiki.N

11/5の並木橋ランチセッションでは、それぞれのバンドSoulcrapと、The Tokyo Localsで共演するLUIとTAIKIが、デュオで登場。4月に開催されたDJ SCRATCHYとの共演ではあっと驚くクラッシュの”BANKROBBER”を披露してくれたこの二人が、何を今回は見せてくれるのか。今から楽しみです。

Taiki.N
Soulcrap やSecret Carnival Workers等で活躍中のソウルフルな歌声もイカすギタリストTaiki.N。
1990年代半ばから日本のオーセンティックスカシーンを牽引し2003年に解散するも、2010年に奇跡の再結成を遂げたバンド「BLUE BEAT PLAYERS」でクールでモダンなギターワークを披露するギタリストであり、自身のバンド「Soulcrap」では、ギターに加えてクールでエモーショナルな唯一無二の歌声を聴かせる稀代のボーカリストである。
1980年代末より「Arch Races/Club Aces」でMODSシーンを席巻し、SKA ・REGGAEシーンはもとよりR&B ・SOULシーンなどからも絶大な支持を得ており、全国各地に数多くのフォロワーを持つ。
https://www.facebook.com/taiki.nakamoto.5?fref=ts

LUI BLUESFACE
あらゆる形のBLUESを変幻自在に飲み込み 東京の街に仁義と粋と自由とBLUESを求め、 魂の叫びを歌に乗せ、世直しゲリラ活動中! 詳しいプロフィールはナイショ! ひ、み、つ、 

Lui

★The Two Faves

The Two Faves 青山ハルヒロ

SWINGIN MIND VOL.1では、FAVE RAVESで参加し、立錐の余地もない中でのヒートアップLIVE。今回はタイトなTHE TWO FAVESで、目一杯熱いサザンソウルを聴かせてくれます。
ニューアルバム ‘ANOTHER NIGHT IN MEMPHIS’ を昨年リリースし 大好評の中、全国各地にてライブも精力的に行い今や全国にその名を響かせているTHE FAVE RAVES。 そのメンバーであり、日本で一番イカしたR&Bシンガーとその声も高い青山ハルヒロ、そして、最高にイカすギター弾きヒトミくんのセッションが、THE TWO FAVESだ。 普段のFAVE RAVESとは一味違い、名コンビならではの息のあった2人だけのステージTHE TWO FAVESをお楽しみに。

Hitomi

★NATSUKO&JOHNNY
SWINGING MIND VOL.1では、初めて見る多くの方を魅了したNATSUKO&JOHNNYのコンビが、GOOD HEAVENSに登場。
Natsuko Tobitaさんのブルージィなハープとボーカルに、うねるジョニーのピアノ。
MARCH OF THE MODS 35th Partyでも、圧倒的な存在感だったこのユニットのLIVE。是非ご期待ください。

“Natsuko”

東京生まれ。
幼少の頃から父の影響でエルビスプレスリーを聴いて育つ。
次第にルーツMusicに魅かれていき、10代の頃Blues音楽にたどり着く。
独学でBlues Harpを始めた後、ハーモニカプレイヤーの田中光栄氏に師事。
同時にジャズヴォーカルも学び、都内ライブハウスを中心に音楽活動開始。
2015年、ドイツの老舗ハーモニカ社HORNERの公式アーティストとなる。

Natsuko

“JOHNNY”香介 (Rock Pianist, Singer/Song Writer)

15歳の頃、アメリカのピアノロッカー・Jerry Lee Lewisに憧れて独学でブギウギピアノを始める。 初めての曲は”Great Balls Of Fire!”。 2006年、ピアノ弾き語りで初ライブ。 その後も定期的にライブを行い、セッションなどにも積極的に参加。 2008年、イギリス出身のブギウギピアニスト・Ben Watersと共演。 同年11月、パーカッショニスト・瀬古裕信との名義で、ミニアルバムShonan’s Wind”Shonan’s Wind”を発表。 現在、ロックピアノをコンセプトに、多方面で活動中。 ライフワークとして完全ピアノ弾き語りによるアットホームなライブも随時行っている。

JOHNNY

★佐藤志朗(Facing Facts)
今年23周年を迎える老舗MODイベント『Facing Facts』のオーガナイザー 1994年、若干17才で『Facing Facts』を立ち上げる。 以後、Mods Brand 『Ultra Master』に勤務するなど、ファッション、音楽、Scooter、リアルなMOD Cultureを世に発信してきた。 彼の持つ得異な性格と風貌でMODシーンの他、CLUBJAZZ、SKA、GARAGE、50sなど様々なシーンでも注目を浴び、日本各地でプレイする彼は、今では日本のMODS、60’Sシーンでは欠かせない男といえるだろう。 独自の感性で選ばれるジャンルレスな選曲で幾多の夜を踊らせてきた彼は、現在もDJ活動の他、イベント企画、Producerとして活躍中。

佐藤志朗

★ Masao Kawano (Le Cercle Rouge)
1980年代前半に、東京モッズシーンやクラブに出入りするようになり、西麻布Tool’s Barで、DJ活動をスタート。
1987年以降西麻布P・PICASSOや、下北沢ZOOで、レジデンツDJとして活動。主にレア・グルーヴ、JAZZ、R&B、スカなどをプレイ。NORMAN COOK(FATOBOY SLIM)、EDDIE PILLER(ACID JAZZ LABEL),PATRICK FORGE(SOUL UNDERGROUND)、GAZ MAYALLなどの英国DJ とも共演。
2000年以降は本業に集中する為、DJ活動を休止していたが、2016年より再開。
THE TOKYO LOCALSとのコラボレーションや、モッズシーンのイベントで、ルーツミュージックを中心にプレイしている。
現在UKファッションのパイオニア的ブランドREADY STEADY GO!のリブートプロジェクトを展開中である。
Swinging Mindは、杉村ルイと共に、イベント全体をプロデュースしている。

Masao Kawano

初日は11月5日(日)11:30~15:30渋谷並木橋WEEKEND GARAGE TOKYOで、Namikibashi Lunch Sessionとして開催します。
2日間のイベントは昼と夜、代官山と下北沢と、全く趣向を変えておりますが、両日とも是非お気軽にお越しください。

original burger