「DJ」タグアーカイブ

「しくじるなよ、ルーディ SKA&REGGAE SUMMER FESTIVAL in ITAKO

しくじるなよ、ルーディ

セルクルージュのサイトには何回も登場している元東京スカパラダイスオーケストラの冷牟田竜之君率いるMORE THE MANと、同じく東京スカパラダイスオーケストラや、THE HAIRに所属していた杉村ルイ君率いるTHE TOKYO LOCALSが、7月1日(土)茨城県潮来市で開催される「しくじるなよ、ルーディ SKA&REGGAE SUMMER FESTIVAL in ITAKO」で、共演します。
両グループは、MODS MAYDAY JAPAN 2017でも共演していますが、今回は初めてのJOINT 形式の2 MAN LIVE。
当日は地元のレゲエクルーWARM UP SOUND 690 UNDERGROUND CREWも参加し、スカやR&Bだけではなく、レゲエも盛り込んだスペシャルサマーフェスティバルになる予定。
このイベント告知用に、スペシャルズのセカンドアルバム「MORE SPECIALS」をイメージしたバンド名に合わせて、TWO TONE風のデザインのフライヤーを、今回セルクルルージュでデザインさせて頂いた。

撮影 山中善正

スカ、ダブといったジャマイカンミュージックをベースにしながら、ロンドンの香りを持つMORE THE MAN
Tronbone 小早川隼人
Trumpet 山田丈造
Sax 丹沢誠二
Keyboard 片岡大揮
Guitar 丸山 力巨
Bass 梅田誠志
Drums 只熊良介
Producer/Toasting 冷牟田竜之

デビューアルバム「REAPER」は、彼らの得意とする疾走感溢れるスカナンバーに加えて、「傷だらけの天使」や「ウルトラQ」といった懐かしいTVドラマの主題曲をカバーを収録。
特に70年代を代表するTVドラマで、井上堯之バンドの劇伴も素晴らしい「傷だらけの天使」からは有名な主題曲だけではなく、挿入曲まで4曲をカバーし、冷牟田流のノスタルジーをも満喫出来る作品になっている。MODS MAYDAYでは、3名のメンバーがモデルとしてファッションショーに出演しましたが、サウンドだけではなく、ビジュアルでもMORE THE MANは、魅力を語れるバンドだ。
スカパラからの系譜ともいえるピッチの速いロックフレイバーのスカサウンドに、スキンヘッドレゲエやジャズの影響を感じさせる楽曲を加えた最新のMORE THE MANのステージは常にエネルギッシュで、いつもあっという間に終わってしまう感覚がある。
昨年春のデビューから1年を経過し、THE MANよりも一回り若いメンバー達も着実に成長しており、MODS MAYDAY JAPANのヘッドライナーを経験したMORE THE MANの進化した姿を、是非この機会にご覧ください。
以下の映像は、MODS MAYDAY 直前に開催された吉祥寺 ROCK JOINT GBでのLiveです。

THE TOKYO LOCALS

THE TOKYO LOCALSは、各方面で活躍しているメンバーのスケジュール調整が難しく、昨年は数えるほどしかLiveを行っていないが、今年に入りメンバーも固まり、グループとしての活動が久々に本格稼働してきた状況であり、今回はいいタイミングのLiveになる筈だ。

Vocal LUI BLUESFACE
Drums 長谷川 ナオヤ
Bass 小粥 鐵人
Percussion 影山 拓
Guitar 塚本 功
Guitar 清水一平
Harp HIROKING

THE TOKYO LOCALSの根底に流れるのは、ロックステディにブルースやR&Bなど、ルーツミュージックの香りだ。
そこを彩るのが、THE HAIRや東京スカパラダイスオーケストラなど、シーンの中核にいるグループでボーカリストとして異彩を放ってきた杉村ルイ君のパフォーマンスである。
更に日本のR&Bギタリストとして最高峰のテクニシャンである塚本功君の芸術的ともいえるプレイに、SOULCRAPでいつも独特の浮遊感のあるグルーヴを奏でている清水一平君が絡むギターアンサンブルは、THE TOKYO LOCALSでしか聴けない絶妙のコンビネーションになっている。
THE TOKYO LOCALSと、MODS MAYDAYにも出たTHE FAVE RAVES,SOULCRAPの3バンドは、日本人の演奏するR&Bのイメージを覆すパフォーマンスをするので、機会があれば是非体験して欲しいグループである。
下記に紹介する映像は今年のMODS MAYDAYの抜粋だが、メンバーはMODS MAYDAY特別編成として、通常より大所帯になっている。
今回のフェスティバルには6名で参加する予定だが、ステージ上のグルーヴは大きく変わるものでないので、是非チェックしてみてください。
演奏される楽曲は、耳馴染のあるスタンダードなR&Bナンバーやロックステディに加えて、オリジナル曲も多い。
MORE THE MANとの共演で、どのような化学反応が生まれるか、今から楽しみである。

イベントの概要は以下のようになります。
2017年7月1日(土曜日)
16:00 Open / 16:30 Start!
会場:Shopping Center Imoa Joy Hall
チケット:\3,500
チケット詳細:アイモアサービスカウンター tel 0299 63 3715
チケットぴあ(Pコード:332436)発売中
      「しくじるなよ、ルーディ」で検索
主催:nostalgictoys
企画協力:LE CERCLE ROUGE
協力:MUSIC SHOP BOB, Ready Steady Go!
information:
FACEBOOK 専用イベントページhttps://www.facebook.com/events/117337578842254/?notif_t=plan_admin_added&notif_id=1494906269347805
「しくじるなよ、ルーディ」で検索

東京都心から潮来までは、車で約80分。成田空港の先になりますので、十分日帰りで参加できる距離です。
東京駅八重洲口から鹿島スタジアム行きのバスも非常に便利で、10~20分間隔で運行し、ノンストップで水郷潮来に到着します。
水郷潮来発東京駅のバスは22時までありますので、ライブ終了後のバス利用も可能です。

BLACK/MATT GOLD T SHIRT

トップの写真でMORE THE MANのメンバーが着ているのは、BLACKにマットゴールドのロゴをあしらったREADY STEADY GO!のTシャツ。
その他にもREADY STEADY GO! OFFICIAL ONLINE STOREには、新作をアップしておりますので、是非ご確認ください。

WHITE/MATT GOLD T SHIRT
BLACK/BLACK T SHIRT
WHITE/WHITE T SHIRT

また「しくじるなよ、ルーディ SKA&REGGAE SUMMER FESTIVAL in ITAKO」には、READY STEADY GO! ONE NIGHT STOREを出店致します。
こちらはONLINE STOREとは全く違う商品構成になる予定ですので、是非ご来場ください。

英国から素材を輸入したエコバッグ

MODS MAYDAY JAPAN 2017/ HAIR×FASHION SHOWCASE

MODS MAYDAY JAPAN 2017

5月に入り、毎年恒例のモッズメーデーの開催が近づいてきました。
今年のモッズメーデーには、READY STEADY GO!が、ONE NIGHT STOREを出店し、HAIR×FASHION SHOWにも協力する形で、コラボレーションを致します。
またセルクルルージュも企画協力という形で参加し、37回目の歴史を持つモッズメーデーのお手伝いをさせて頂きます。
コラボレーション企画の第1弾として、MODS MAYDAYと、READY STEADY GO!コラボレーションのトートバッグを制作致します。
MODS MAYDAYのロゴは、SOULCRAPのメンバーとしても活躍しているカッズミイダさんのイラストです。こちらはBLACKとREDの2種類を販売致します。

MODS MAYDAYコラボトートバッグ

コラボトートバッグRED

会場内には、READY STEADY GO! ONE NIGHT STOREを出店。新旧商品を販売予定です。
現在のモッズシーンをリードするグループTHE TOKYO LOCALSとREADY STEADY GO!とのコラボレーションTシャツも販売予定です。

THE TOKYO LOCALSコラボレーションTシャツ。英国より輸入した100%オーガニックコットンのTシャツです。

THE TOKYO LOCALSのTシャツは、背面ネックに英国製READY STEADY GO!のタグが付きます。

もう一つの大きなコラボレーションとして、今回のモッズメーデーの新しい試みになるHAIR×FASHION SHOWCASEを開催します。
こちらはMODなスタイルのヘアサロンを構えるrave ACTION and HAIR!のヘアショーに、モッズシーンではお馴染みの60’s スタイルのブランドJewel Trash+Ready Steady Go!のランウェイショーをコンビネーションする企画となり、ショー全体はLE CERCLE ROUGEがディレクションをします。

ヘアショーのパフォーマンスをするrave ACTION and HAIR!のオーナー佐藤亮之介さんから、ショーに向けたメッセージを頂いています。

1950年代のクラシカルで伝統的な感覚から1960年代のポップでカラフルできらびやかな世界を提供しているヘアサロン-rave Action and Hair!-は東京は北千住と高円寺で展開している。
2008年にオープン当初からブレる事なく、Modsテイストの「痒い所に手が届く」唯一無二のヘアサロンである。

数々のイベントでヘアショーをやってきたraveのヘアショーは1960年代にタイムスリップしたような時代のカルチャー表現に定評がある。また瞬時に作られるヘアスタイルの数々は息をのむこと間違いなし。

東京Modsに憧れて1993年に熊本から上京して今に至るrave代表の佐藤は美容師暦24年目、rave立ち上げ9年。rave10周年を目の前にしてMODS MAYDAY JAPAN 2017に出演させて頂く事は、我が美容師人生とMODSに捧げた人生の集大成としてヘアショーに意気込んでいる。ー

今回ステージに登場するヘアスチリストは、次の3名です。
南竹千代さん、原田春菜さん、佐藤亮之介さん。
そして、多分こちらもサプライズなスタイルになりそうなメイクは、Akikoさんです。

RAVE ACTION AND HAIR

ウイメンズの衣装Jewel Trashは、バンドVirginieのボーカルも務めるシミズミキさんがデザインするオーダーメイドスタイルのブランドです。

JEWEL TRASH

デザイナーシミズミキさんからも、ショーに向けたメッセージを頂きました。

『1960年代に敬意を表したブランド』
JEWEL TRASHを紹介する際に必ず添える言葉です。
華やかさと混乱、希望と闇、相反する要素がエネルギーとなり
様々なカルチャーが生まれた60年代。
女性のファッションでも伝統と未来、性別、大人と子供、
相反する要素が絡み合い、刺激的な物が沢山生み出されました。

宝石と屑。
やはり反対の要素をブランド名にしたJEWEL TRASHは
60年代とそこで生まれたカルチャーとファッションに最大限の敬意を表し、
ワンピースやセットアップなどオリジナルアイテムを作っています。

アメリカのインポートセレクトショップとして開業、
ヴィンテージドレスに特化したショップを経て
オリジナルアイテムを作るブランドとなりました。
男の子たちがMODS MAYDAYの為にスーツをあつらえるように、
女の子たちもJEWEL TRASHでヴィンテージドレスやオーダードレスを選んでくれています。
それぞれのコーディネートを楽しむ女の子の姿と、洋服たちが一段と生き生きとする瞬間。
それを見る事ができるのはとても楽しい事です。
そして今年はステージでヘアとファッションのショーとして、皆様にご覧いただく事となりました。
このショーを通じてJEWEL TRASHの事をもっと知っていただけたら、こんなに嬉しい事はありません。

ショーのテーマは『Bon Voyage』
出発地はMODS MAYDAY JAPAN 2017、19時00分に離陸です。
飛行時間は約30分。どうぞお乗り遅れのないよう、そして行く先々の景色を存分にお楽しみください。
ご搭乗後も引き続き、MODS MAYDAYを朝まで存分にお楽しみください。

シミズ ミキ

JEWEL TRASH

ショーのアクセサリーの提供は、同じくモッズシーンではお馴染みのBeat Boutiqueです。
今回のショーでは重要なエレメンツになるDJは、MASAさん(FACING FACTS)です。
ヘアショーからJEWEL TRASHのランウェイショーまで、モデルは、キワさん、サオリーヌさん、チヒロさんの3名。
どのようなスタイルで登場するのか、是非お楽しみに!

MORE THE MAN

Ready Steady Go!のメンズウエアのモデルは、今回のモッズメーデーのヘッドライナーを努める冷牟田竜之君率いるMORE THE MANから、只熊良介さん、梅田誠志さん、丹沢誠司さんの3名が出演してくれることになりました。
以下MORE THE MANの紹介です。

MORE THE MAN 
「SKAの魅力を若い世代に」を揚げ、日本の若手プレーヤーを中心にしたSKA UNIT。
プロデュースはスカパラでリーダー経験もある冷牟田竜之(ex東京スカパラダイスオーケストラ)。

只熊良介さん プロフィール▼(DRUMRS)

只熊良介

17歳で初めてドラムセットに触れ、19歳で上京後本格的にドラムにのめり込む。
大学卒業後、数々のサポート、セッション、スタジオワークをする中、2008年のSUMMER SONIC、ap bank fesに出演。
2010年、paris match杉山洋介プロデュースによりデビューしていたchocolatreに加入。
2011年、アメリカのドラムメーカーGretschのエンドーサーとなる。
2012年、chocolatre3枚目のアルバムのリリースワンマンにゲストとしてclammbonの伊藤大助、fhánaの佐藤純一が参加し、ツインドラムでのライブをshibuya WWWにて敢行。
同年、バイオリンインストユニットstyle-3!にレギュラーサポートとして参加し始め、
赤坂BLITZ、関内大ホール、日本橋三井ホール、渋谷公会堂などのホールワンマンに出演。

2016年より、元東京スカパラダイスオーケストラの冷牟田竜之率いるスカバンドMORE THE MANへ加入。

2017年2月Chara25周年を彩る「Naked & Sweet Soul Session Tour」にツアードラマーとして参加。

過去のライブサポート、レコーディング参加アーティスト:
信近エリ、ゲントウキ、寺尾紗穂、ヒラマミキオ(ex東京事変)、K、fhána等

梅田誠志さん プロフィール▼(BASS)

梅田誠志

神奈川県出身。中学生の時にギターを始める。大学入学後にバンドを組もうとしたがベーシストが見つからず、見つかるまで、という条件でベースを始める。
2002年、バンドでメジャーデビュー。バンドの活動休止後にサポートミュージシャンとしての活動を開始。2009年にはHOME MADE 家族の武道館公演に参加。ライブ、レコーディング、TV収録をはじめ、ミュージカルなど様々な場で活躍中。
また現在、冷牟田竜之(ex東京スカパラダイスオーケストラ)率いるMORE THE MAN、THE SOUL KLAXON2、”tsukuyomi”のメンバーとしても活動中。

サポート・共演アーティスト(順不同、敬称略)
赤と嘘(Vo森翼)、IMALU、NHK「シャキーン」、大友マサノリ、大渡亮(Do As Infinity)、川島敬治、SOLMA、TAKATSUKI、つるの剛士、波音(ex cune小林亮三)、P.O.P、Hiro-a-key、藤岡正明、HOME MADE 家族、星子健太郎、正木慎也(ex忍者)、MASH、他

丹沢誠二さんプロフィール▼ (SAX)

丹沢誠二

国立音楽大学サクソフォーン専攻を卒業、在学中に国立音楽大学ニュータイドジャズオーケストラに所属し、山野ビックバンドジャズコンテストにおいて三連覇を果たす。これまでに小曽根真、渡辺貞夫、山下洋輔、本田雅人などの著名なアーティストとの共演歴を持つ。現在は”Lowland Jazz”のメンバーとして、日本コロムビアレコードからメジャーデビュー。また、冷牟田竜之の新ユニット“MORE THE MAN”のメンバーである。他にも氷川きよしのレコーディング参加、華原朋美、℃uteのMV出演や矢沢永吉、松崎しげる、真琴つばさ、ももいろクローバーZなどのアーティストと共演。アーティストとしてNHKラジオ「ごごラジ」にゲスト出演。幅広く活動している。

イベントの詳細は、MODS MAYDAY JAPANのFACEBOOKページをご覧下さい。
HAIR×FASHION SHOWCASEは、19時〜BAR STAGEにてスタート予定ですので、お見逃しないようお願い致します。。
今年のモッズメーデーは、MORE THE MANを始めとする素晴らしいバンドやDJが出演し、このHAIR×FASHION SHOWCASEや、リズム&ブルース トークセッションという新しい企画もあり、盛り沢山で楽しめるプログラムになっています。
5月20日土曜日、是非新宿ロフトにお越し下さい。

BON VOYAGE!

MODS MAYDAY JAPAN 2017
2017/ 5/ 20 sat.
OPEN & START 16:00 (Allnight)
at SHINJUKU LOFT
ADV. : ¥4,500(D別)
DOOR : ¥5,000(D別)
Ticket info
http://pia.jp/ (P: 325-664)
http://l-tike.com/ (L: 77332)
http://eplus.jp/


MORE THE MAN
ソトルソチャード
The 56789s (with Morgan Fisher)
Bloodest Saxophone
THE FAVE RAVES
Soulcrap
Phelge
BLUESHARP NATSUKO BAND
THE TOKYO LOCALS 特別編 feat HIROKING
Kazumaro Yoshida
THE MONKEY
Motel’s Sofa
THE RICOTTES
Mellow Fellow
dirty bucks feat. peteracco
NERVOUS HEARTS
Les Envahisseurs (Canada)
The Toucans


Manabu K.Dove
大貫憲章
鈴木啓志 (Soul Master)
YAMA a.k.a.SAHIB (Jazzbrothers)
vinylDJ 竹花 英二 (Jazzbrothers)
Masao Kawano (LE CERCLE ROUGE)
ミト (クラムボン)
GENO SATO
Daddy-0-Nov (Back From The Grave,Radio Underground)
Tatsuya Inaba
Satoru Fujii (CARIBBEAN DANDY)
TETZ MATSUOKA
Hiroshi Sekiguchi (FRATHOP Records)
BIGBOB AMEMIYA
Maru Inoue (Modern Records)
DJ HOLIDAY
城内宏信
Naoki Kato
末續哲玄<s.t.g.>
福田俊介
寺島英知郎
Rei Ishii (The Numbers!)
uCjima (NIGHT FOX CLUB)
and more


rave Action and Hair!
Jewel Trash
READY STEADY GO!


鈴木啓志, 青山春裕, Taiki.N, 山下洋, Manabu K,Dove

more info
www.mod.tokyo
https://www.facebook.com/modsmaydayjapan/
https://goo.gl/unrADb

主催
MODS MAYDAY JAPAN実行委員会
Soundterior
企画協力
LE CERCLE ROUGE
協力
YOUNG SOUL REBELS
READY STEADY GO!
Green Union Records
rave Action and Hair!
Jewel Trash