「Recommended by Le Cercle Rouge」カテゴリーアーカイブ

Ready Steady Go! Official Online Store open

BLACK LOGO HOODED PARKER
お待たせしておりましたReady Steady Go! Official Online Storeが、4月10日オープン致しました。
開店時のアイテムは多くはありませんが、オリジナル商品を中心に、少しずつラインアップを増やしていく予定です。
ここ数年はなかなかオリジナル商品を手に入れるのが難しくなっていたと思いますので、この機会に全国何処でもお買い求めになれるようにしていきたいと考えています。
まだパーカーとTシャツだけですが、是非一度アクセスしてみて下さい。

White Logo T shirt

RSGOオリジナルアイテム以外の商品は、昨年開催したREADY STEADY GO! VINTAGE NEW WAVE STOREと同様に、ポップアップストアでの販売を予定しております。
昨年一部商品の販売をしておりましたYOUNG SOUL REBELSでの販売は、一旦終了致しました。
今後は以下の予定があります。
4月15日(土)READY STEADY GO! ONE NIGHT STORE @足利JAZZ屋根裏 「THE BIGGEST SHOW OF TOKYO LOCALS 」

5月20日(土)READY STEADY GO! ONE NIGHT STORE @新宿ロフト 「MODS MAYDAY 2017」

7月15日(土)~16日(日)READY STEADY GO! presents SWINGING MIND ~SOUND&STYLE SHOWCASE~ @HOT BUTTERED CLUB

これからアクティブになってきますReady Steady Go!の活動に、是非ご注目頂けますでしょうか。

Vintage New Wave Show/Halmens X vs Ready Steady Go!

ジョリッツ@クアトロ 撮影金丸雅代

12月高円寺GARTER GALLERYで開催しましたREADY STEADY GO! VINTAGE NEW WAVE STOREにいらして頂いた皆様、ご来場ありがとうございました。
3日間という短い期間にも関わらず、多くの方にご来店頂きまして、感謝しております。

少し時間がたってしまいましたが、READY STEADY GO!とVINTAGE NEW WAVEをテーマにしたサエキけんぞうさん率いるハルメンズXとのコラボレーションも、好評のうちにメインイベントが終了致しました。
9月21日に発売されたハルメンズXの新作『35世紀』のアーチスト写真及び、11月16日渋谷クアトロで開催されたハルメンズの最終章イベント「ハルメンズXの伝説」の衣装を、READY STEADY GO!で、コーディネートしました。
アーチスト写真でサエキけんぞうさんが着ているTシャツは、1970年代の英国を代表するビジュアルアーチストであるジョン・ドーヴ&モリー・ホワイトが、女性の裸体をモチーフにしてデザインしたものです。
ジョン・ドーヴ&モリー・ホワイトのデザインは、当時のデヴィット・ボウイやイギー・ポップにも愛用され、一連のTシャツのデザインは、後年キングスロードにオープンするビビアン・ウエストウッドのショップSEXにも大きな影響を与えました。
サエキさんが着ているTシャツは復刻版ではありますが、当時と同じプリントを再現した貴重なヴィンテージTシャツです。

John Dove&Molly WhiteのTシャツ。撮影田口るい子。

また岡島マリコさんと亀さんは、彼らの系譜を引き継いでいるブランドINSIDEOUTのコスチュームを着て、コンセプトであるヴィンテージ・ニューウェーヴを表現しています。
泉水敏郎さんと、吉田仁郎さんは、デンマークのちょっとスノッブなパンクブランド、PUNK ROYALでコーディネート。大人のパンクファッションを表現しています。

撮影田口るい子

超満員に膨れ上がり、日本のニューウエーヴの勃興期からのパワーを存分に発揮した渋谷クラブクアトロでの、ジョリッツのステージ衣装も、ご紹介します。

サエキさんは、ジョリッツでは、HOMECOREのジャケットと帽子に、READY STEADY GO!のオリジナルTシャツ。

サエキさん@クアトロ 撮影金丸雅代

後半のハルメンズXとしてのステージでは、英国の正統派モッズブランドMERCのジャケット&パンツに、6876のクリケットキャップとシャツ、サマーヴィルのネクタイというREADY STEADY GO!の代表的なブランドでコーディネート。
キッチリ着るとブライアン・フェリーのようなスタイルですが、ハート柄のネクタイや、クリケットキャップで、少しずらした感じを出し、ハルメンズらしさを表現しています。

サエキさん@クアトロ 撮影金丸雅代

泉水敏郎さんは、GARB STOREのジャケットに、PUNK ROYALのTシャツに、Dr.Denimのジーンズ。前回のLIVEではワイルドなスタイルでしたが、今回はジャケットを入れたスマートカジュアルなコーディネートです。

泉水さん@クアトロ撮影金丸雅代

吉田仁郎さんは、グリーンのギターに合わせたブラジルグリーンのREADY STEADY GO!ロゴパーカーにデニムのセットは、ギタリストらしいスタイル。

吉田さん@クアトロ 撮影金丸雅代

岡島マリコさんは、前回のLIVEに続き、ブラジルのSOUL SEVENTEIESでのコーディネート。今回はエスニック調ですが、髑髏のイラストのシャツなど、ROCKな雰囲気もあるワイルドエレガント。

マリコさん@クアトロ 撮影金丸雅代

前回カジュアルなスタイルだった亀さんは、JP BENWELLのワンピースに、サマーヴィルのスカーフをアクセントに使い、やはりエレガントな雰囲気にまとめました。

亀さん@クアトロ 撮影金丸雅代

また大変好評だったハルメンズXと、READY STEADY GO!のコラボレーションTシャツですが、サエキさんの通販ショップであるサエキけんぞう本舗通販部や、来年オープン予定のREADY STEADY GO! online storeにて、ごく僅かですが、販売をする予定です。

サエキさん@クアトロ 撮影金丸雅代

今回のハルメンズXとのコラボレーションに続く、アーチストコラボレーションを、来年も幾つか計画をしております。
今回はサエキけんぞうさんとの会話の中で、NEW WAVE~VINTAGE NEW WAVEというコンセプトが生まれ、決して回顧主義にはならない形でNEW WAVEをリスペクトした展開を考えました。
ハルメンズのファンの方、READY STEADY GO!に興味をお持ちの方、それぞれに楽しんで頂けたり、刺激を与える事が出来たのならば、今回のコラボレーションは成功と考えています。
来年のREADY STEADY GO!の展開を含め、こちらのサイトでご紹介を致しますので、引き続きよろしくお願いいたします。

ジョリッツ@クアトロ 撮影金丸雅代