「Style」カテゴリーアーカイブ

「しくじるなよ、ルーディ SKA&REGGAE SUMMER FESTIVAL in ITAKO

しくじるなよ、ルーディ

セルクルージュのサイトには何回も登場している元東京スカパラダイスオーケストラの冷牟田竜之君率いるMORE THE MANと、同じく東京スカパラダイスオーケストラや、THE HAIRに所属していた杉村ルイ君率いるTHE TOKYO LOCALSが、7月1日(土)茨城県潮来市で開催される「しくじるなよ、ルーディ SKA&REGGAE SUMMER FESTIVAL in ITAKO」で、共演します。
両グループは、MODS MAYDAY JAPAN 2017でも共演していますが、今回は初めてのJOINT 形式の2 MAN LIVE。
当日は地元のレゲエクルーWARM UP SOUND 690 UNDERGROUND CREWも参加し、スカやR&Bだけではなく、レゲエも盛り込んだスペシャルサマーフェスティバルになる予定。
このイベント告知用に、スペシャルズのセカンドアルバム「MORE SPECIALS」をイメージしたバンド名に合わせて、TWO TONE風のデザインのフライヤーを、今回セルクルルージュでデザインさせて頂いた。

撮影 山中善正

スカ、ダブといったジャマイカンミュージックをベースにしながら、ロンドンの香りを持つMORE THE MAN
Tronbone 小早川隼人
Trumpet 山田丈造
Sax 丹沢誠二
Keyboard 片岡大揮
Guitar 丸山 力巨
Bass 梅田誠志
Drums 只熊良介
Producer/Toasting 冷牟田竜之

デビューアルバム「REAPER」は、彼らの得意とする疾走感溢れるスカナンバーに加えて、「傷だらけの天使」や「ウルトラQ」といった懐かしいTVドラマの主題曲をカバーを収録。
特に70年代を代表するTVドラマで、井上堯之バンドの劇伴も素晴らしい「傷だらけの天使」からは有名な主題曲だけではなく、挿入曲まで4曲をカバーし、冷牟田流のノスタルジーをも満喫出来る作品になっている。MODS MAYDAYでは、3名のメンバーがモデルとしてファッションショーに出演しましたが、サウンドだけではなく、ビジュアルでもMORE THE MANは、魅力を語れるバンドだ。
スカパラからの系譜ともいえるピッチの速いロックフレイバーのスカサウンドに、スキンヘッドレゲエやジャズの影響を感じさせる楽曲を加えた最新のMORE THE MANのステージは常にエネルギッシュで、いつもあっという間に終わってしまう感覚がある。
昨年春のデビューから1年を経過し、THE MANよりも一回り若いメンバー達も着実に成長しており、MODS MAYDAY JAPANのヘッドライナーを経験したMORE THE MANの進化した姿を、是非この機会にご覧ください。
以下の映像は、MODS MAYDAY 直前に開催された吉祥寺 ROCK JOINT GBでのLiveです。

THE TOKYO LOCALS

THE TOKYO LOCALSは、各方面で活躍しているメンバーのスケジュール調整が難しく、昨年は数えるほどしかLiveを行っていないが、今年に入りメンバーも固まり、グループとしての活動が久々に本格稼働してきた状況であり、今回はいいタイミングのLiveになる筈だ。

Vocal LUI BLUESFACE
Drums 長谷川 ナオヤ
Bass 小粥 鐵人
Percussion 影山 拓
Guitar 塚本 功
Guitar 清水一平
Harp HIROKING

THE TOKYO LOCALSの根底に流れるのは、ロックステディにブルースやR&Bなど、ルーツミュージックの香りだ。
そこを彩るのが、THE HAIRや東京スカパラダイスオーケストラなど、シーンの中核にいるグループでボーカリストとして異彩を放ってきた杉村ルイ君のパフォーマンスである。
更に日本のR&Bギタリストとして最高峰のテクニシャンである塚本功君の芸術的ともいえるプレイに、SOULCRAPでいつも独特の浮遊感のあるグルーヴを奏でている清水一平君が絡むギターアンサンブルは、THE TOKYO LOCALSでしか聴けない絶妙のコンビネーションになっている。
THE TOKYO LOCALSと、MODS MAYDAYにも出たTHE FAVE RAVES,SOULCRAPの3バンドは、日本人の演奏するR&Bのイメージを覆すパフォーマンスをするので、機会があれば是非体験して欲しいグループである。
下記に紹介する映像は今年のMODS MAYDAYの抜粋だが、メンバーはMODS MAYDAY特別編成として、通常より大所帯になっている。
今回のフェスティバルには6名で参加する予定だが、ステージ上のグルーヴは大きく変わるものでないので、是非チェックしてみてください。
演奏される楽曲は、耳馴染のあるスタンダードなR&Bナンバーやロックステディに加えて、オリジナル曲も多い。
MORE THE MANとの共演で、どのような化学反応が生まれるか、今から楽しみである。

イベントの概要は以下のようになります。
2017年7月1日(土曜日)
16:00 Open / 16:30 Start!
会場:Shopping Center Imoa Joy Hall
チケット:\3,500
チケット詳細:アイモアサービスカウンター tel 0299 63 3715
チケットぴあ(Pコード:332436)発売中
      「しくじるなよ、ルーディ」で検索
主催:nostalgictoys
企画協力:LE CERCLE ROUGE
協力:MUSIC SHOP BOB, Ready Steady Go!
information:
FACEBOOK 専用イベントページhttps://www.facebook.com/events/117337578842254/?notif_t=plan_admin_added&notif_id=1494906269347805
「しくじるなよ、ルーディ」で検索

東京都心から潮来までは、車で約80分。成田空港の先になりますので、十分日帰りで参加できる距離です。
東京駅八重洲口から鹿島スタジアム行きのバスも非常に便利で、10~20分間隔で運行し、ノンストップで水郷潮来に到着します。
水郷潮来発東京駅のバスは22時までありますので、ライブ終了後のバス利用も可能です。

BLACK/MATT GOLD T SHIRT

トップの写真でMORE THE MANのメンバーが着ているのは、BLACKにマットゴールドのロゴをあしらったREADY STEADY GO!のTシャツ。
その他にもREADY STEADY GO! OFFICIAL ONLINE STOREには、新作をアップしておりますので、是非ご確認ください。

WHITE/MATT GOLD T SHIRT
BLACK/BLACK T SHIRT
WHITE/WHITE T SHIRT

また「しくじるなよ、ルーディ SKA&REGGAE SUMMER FESTIVAL in ITAKO」には、READY STEADY GO! ONE NIGHT STOREを出店致します。
こちらはONLINE STOREとは全く違う商品構成になる予定ですので、是非ご来場ください。

英国から素材を輸入したエコバッグ

Ready Steady Go! Official Online Store open

BLACK LOGO HOODED PARKER
お待たせしておりましたReady Steady Go! Official Online Storeが、4月10日オープン致しました。
開店時のアイテムは多くはありませんが、オリジナル商品を中心に、少しずつラインアップを増やしていく予定です。
ここ数年はなかなかオリジナル商品を手に入れるのが難しくなっていたと思いますので、この機会に全国何処でもお買い求めになれるようにしていきたいと考えています。
まだパーカーとTシャツだけですが、是非一度アクセスしてみて下さい。

White Logo T shirt

RSGOオリジナルアイテム以外の商品は、昨年開催したREADY STEADY GO! VINTAGE NEW WAVE STOREと同様に、ポップアップストアでの販売を予定しております。
昨年一部商品の販売をしておりましたYOUNG SOUL REBELSでの販売は、一旦終了致しました。
今後は以下の予定があります。
4月15日(土)READY STEADY GO! ONE NIGHT STORE @足利JAZZ屋根裏 「THE BIGGEST SHOW OF TOKYO LOCALS 」

5月20日(土)READY STEADY GO! ONE NIGHT STORE @新宿ロフト 「MODS MAYDAY 2017」

7月15日(土)~16日(日)READY STEADY GO! presents SWINGING MIND ~SOUND&STYLE SHOWCASE~ @HOT BUTTERED CLUB

これからアクティブになってきますReady Steady Go!の活動に、是非ご注目頂けますでしょうか。