「Style」カテゴリーアーカイブ

モロッコ紀行-3/サンローランミュージアム@マラケシュ

[/caption]

サンローランミュージアムエントランス

時間が空いてしまいましたが、モロッコ紀行第3回は、モロッコ最大の観光都市マラケシュに昨年10月にオープンしたイヴ・サンローランミュージアムを紹介致します。
サンローランが亡くなったのは2008年。そこから10年近い歳月を経て、彼の公私共にパートナーであったピエール・ベルジェが、昨年10月パリとマラケシュに、膨大なアーカイブを展示するミュージアムを建立したのだ。
イヴ・サンローランはアルジェリア生まれ。アフリカ生まれという事でモロッコには親和感があったのか、60年代にはタンジェにも家があったというが、1966年にはマラケシュに別荘を購入している。その前年1965年にはサンローランの代表的な作品であるモンドリアンのドレスを発表しており、サンローランがデザイナーとして大きく飛躍していく時代と、マラケシュなどモロッコでの生活は、大きくリンクしているのだ。

サンローラン

イヴ・サンローラン財団の代表でもあったピエール・ベルジェは、残念ながらオープンの1ヶ月までに他界している。
庭園内にはサンローランとベルジェの、日本で言う供養塔のようなメモリアルなモニュメントがある。
余談だが30年近く前、サンローランが来日してアーカイブ展とコレクションを開催するイベントがあり、私はピエール・ベルジェとミーティングをした事がある。その時のベルジェは、サンローランの本質を理解していない日本人にいらつき、怒りを何度も顕にしていた。当時の私が初めて浴びたパリのメゾンの洗礼であったが、今回改めてこのミュージアムを訪れ、サンローランの持つ感性やコンセプトに直接触れ、当時の自分の無知さとベルジェの怒りを理解することが出来、ベルジェのメモリアルモニュメントの前で、お詫びをしてきた。

サンローランとピエール・ベルジェのメモリアル

マラケシュにはサンローランの別荘として有名なマジョレル庭園が、観光地としても有名である。このミュージアムは、マジョレル庭園と隣接しており、サンローラン通りというストリート沿いにある。大変混みあうという情報で、開館時間に訪れ、共通チケットを買い、まずはミュージアムに入館した。ミュージアムの外観は、マラケシュを象徴する色である赤を基調にしているように感じた。サンローラン通りに入ると忽然と現れるミュージアムは、モロッコらしいオーガニックな感覚の素材とミステリアスな雰囲気、そしてグラマラスな存在感を魅せており、いやがおうにも期待感は高まる。

ミュージアムサイン
サンローランストリート

私が訪れた時期は、まだ開館から2ヶ月足らず。真新しい空気を感じるミュージアム内展示スペースは、当然のことながら写真撮影は許されない。モンドリアンのドレスから始まるコレクションの美しさと、存在感に圧倒されるばかりだ。
幾つかのコレクションは、30年近く前日本で開催されたアーカイブのコレクション時にも見ている筈だが、受ける感動は全く違う。サンローランの伝記映画にも出てきたスモーキングジャケットやサファリジャケット、トレンチコートなどメンズアイテムをアレンジしたルックは、表現のしようがない格好良さだ。
展示はカラーであったり、世界の民族であったり、コンセプトごとに構成されている。ここで思い出したのは、実はサンローランが旅嫌いだというエピソードである。モロッコをテーマにしたコレクションは、フィジカルな感覚も含めてデザインされているが、大抵の国は、本人が訪れる事無く、ピエール・ベルジェが持ってきた写真や資料を元に、サンローランがイメージを膨らませてデザインをしたという。
黒を貴重にしたモノトーンのシックな装いから、アフリカ的なカラフルな色使いのファブリックを使ったアーシーなコレクション、ロシアや中国をイメージしたエスニックなドレスが並ぶ展示には、圧倒されてしまう。
特にモロッコに居を構えてからのサンローランのコレクションは、色使いが大きく変わったと言われているが、その原泉となるマテリアルも展示されており、マラケシュのミュージアムならではの空間が構成されているのだ。

バレエのデッサン
映画用デッサン

異次元空間であった一連のコレクションコーナーを抜けると、大量のサンローランのデッサンが展示されている。ここは撮影も許可されているが、バレエ、ステージ、映画などの衣装のサンローランによるデッサンを堪能することが出来る。
もちろんデッサンと対比して、完成品の写真も展示されてる。
サンローランが手がけた映画衣装というと。私の中ではフランソワ・トリュフォー監督、カトリーヌ・ドヌーヴ&ジャン・ポール・ベルモンド主演の『暗くなるまでこの恋を』が代表的なイメージなのだが、しっかりそのデッサンもあった。

ドヌーヴ『暗くなるまでこの恋を』

更に進むと、カトリーヌ・ドヌーヴの美しい写真が並んでいるコーナーに出会う。
多くの写真は、ここマラケシュにドヌーヴが来て撮影されたらしいが、写真を見て頂ければわかるように、ドヌーヴの美しさは、サンローランが考える美の象徴のような輝きを持っている。

カトリーヌ・ドヌーヴ
更にドヌーヴ
ドヌーヴ、ドヌーヴ

展示室を出ると、イベントホールに立ち寄ることができる。この日はサンローランのバイオをショートフィルムにまとめた映像が上映されていた。これを見るだけでも、サンローランの特殊な偉大さが短時間で理解できる。
中国コレクションの映像のBGMが、『戦場のメリークリスマス』のテーマであった事だけが残念であった。

ミュージアムのカタログ、リーフレット、ブックストアでもらったモンドリアンスケッチのしおり

[caption id="attachment_4732" align="aligncenter" width="474"] book storeで買ったポストカード集

更に館内には、ブックストアやカフェレストランが現われる。
ブックストアでは、サンローランにまつわる様々な本や、ポストカードなどが販売されており、見ているだけでも楽しい。
とりあえずミュージアムのカタログと、土産にポストカード集を買い求めた。
今回食事は、マジョレル庭園の方のガーデンカフェでとったので、館内のレストランはメニューを眺める程度だったが、都会的にアレンジされたモロッコ料理のメニューが揃っているので、ここでランチをするのはお勧めである。

サンローラン1975年年賀状

マジョレル庭園に移ると、サンローランが可愛がっていたミュージックと代々名付けられたフレンチブルをモチーフにした年賀状などが展示してある。
この庭園については、数多く語られているので説明は省くが、ガーデンカフェのランチは、庭園の周囲の環境と合わせて、リラックスできる素晴らしい時間となった。

マジョレー庭園の猫
庭園はブルーが基調

とてもこのページだけで、サンローランミュージアムの全貌を語ることは出来ません。
ほんの少しだけ障りだけとなりますが、少しでもサンローランのアーカイブを、マラケシュという超異国で観る感動が伝わっていれば、幸いです。

サンローランの年賀状

DAL CUORE サルトリアスーツの夏2017

ダルクオーレのレコメンド、裏地(袖裏も)なし、副素材一切なしのアイリッシュリネンスーツのジャケット

8月初めのGIGIの日本でのオーダー会の時期が近づくと、私どものセルクルルージュの『テーラード』のサイトを訪れる方が増えるように思います。ありがとうございます。

この8月は私自身はスーツをダルクオーレで誂えませんでしたが、2月の仮縫い時に予告して、ご報告せずじまいになっていたアイリッシュリネンのスーツを体になじませるべく着倒しています。

昨年の夏の『サルトリアスーツの気分』を盛り込んだスーツをご紹介します。昨年のオーダー時には、コットン、シアサッカーとも迷いましたダルクオーレのおすすめのウエイト感のあるドライなアイリッシュリネンがすばらしく、こちらを選択しました。色もタバコと迷いましたが、自分のテーマカラーであるネーヴィーにしました。当たり前なものを異常に着るのがテーマです。

ダルクオーレからは一切の裏地、一切の副素材なしでいこう、の提案。構築的にできるのか?袖はシャツ時が透けないか?等迷いましたが、GIGIがこう作るのが一番格好がいい、と断言し私もその提案に乗ってみることにしました。仕上がりは、生地のドライさも相まって上の写真でも伝わるサルト的構築感がすてきなスーツとして仕上がってきました。

ゴージ低め、ラペルは大きめ、ダヴルステッチ

ジャケットは、ダブルステッチにして着込んだとき味がでる様にと初めから決めていました。

ラペルは、ここのところのムードであるゴージやや低く、ラペル幅は広くしました。上の写真の様にダブルステッチのステッチワークやラペルの返りやボタンホールにサルトリア感を強く感じる仕上がりです。

ダブルパッチポケット

ディテールでは最近サルト仕立てのスーツを着た人たちのスナップにも見られる、パッチのダブルポケット。パッチポケット版チェンジポケットですね。

 

大見返しで袖裏もなし

裏地は一切なし。大見返し。背側も袖も一切ありません。正にリネンのみのリネンスーツですね。オーダー時にGIGIもいい感じに着倒しなじんだ味のあるスーツを着ていましたが、「自分で洗濯機で洗っている』と真顔でいていました。さすがに、私は麻のシャツジャケットは自分で洗いをかけましたが、このスーツは洗いません。まして洗濯機では。

 

パンツはツープリーツ、サイドアジャスター

パンツはここ数年のオーダー時の定番。サイドアジャスター、プリーツはツープリーツにしウエスマンは4cmと少し細くしプレイシーズはせずに着ています。

ちまたでもサルトリアスーツはトレンドを語るキーワード化しています。サルトリア的な要素を盛り込んだ、という意味かと思います。

私はもう少しシリアスに、作り手とのビスポークの中に自分のワードローブを積み上げていく過程に興味があります。最近のピッティのスナップでもそうしたシリアスなサルトリアスーツをノンシャランと着る若い世代がいて頼もしさとシンパシーを感じています。