「FLYING BODIES」タグアーカイブ

日本に恋しよう!映画『ピース・ニッポン』7月14日(土)全国ロードショー

(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC

私たちセルクルルージュが尊敬してやまない友人中野裕之さんの監督した映画『ピース・ニッポン』がいよいよ今週末より封切られます。

映像作家、映画監督としての作品は多面性を持っており、被写体も様々ですが、私たちが出会って以来ずっと貫かれている、彼の芯ともいえるテーマに『日本の自然美』『日本の風景』があります。京都の桜や初期の作品の花火などなどを端緒としつつ、日本のpeacefulな映像を堆積させてきたのを知っています。

もちろん彼は海外でもその地での空撮や自然を撮っていますが、「最高の美の瞬間」を求める彼の中では、四季のある日本の自然美、風景との一期一会さがもつ意味が格別なものなのではないでしょうか。移ろう一瞬にめぐり合う奇跡。神々しいまでの輝き。畏敬の念さえ覚える美しさ。。。

(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC

今回の『ピース・ニッポン』は「8年間の製作期間」、「全国47都道府県200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で」映画化した集大成の作品です。

その111分に詰まった自然美の濃密さは、軽々しく1つ1つを「peace!」と受け流せない圧ををもって見る側に迫ります。しかし全編見終わったとき、禁じえない涙とともに必ずや見る人を浄化してくれる作品といえるのではないでしょうか?PEACE!

 

7月14日より新宿バルト9他で全国ロードショーとなります。配給は、ファントムフィルム。
セルクルルージュとも縁が深い、最高のサウンドシステムを持つ立川シネマシティでは、4Kの高画質でご覧になれます。また封切り日14日新宿バルト9では中野監督のトークイベント付きの上映も決定しています。

(C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC

FLYING BODIES NEWS/MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事

©2013フライングボディーズ製作委員会
©2013フライングボディーズ製作委員会

久しぶりに中野裕之監督作品『FLYING BODIES』のニュースです。
六本木の東京新国立美術館で開催されている「MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事」会場内LIBRARYスペースにて、『FLYING BODIES』が、適時上映されています。
「MIYAKE ISSEY展」は、デザイナー三宅一生さんのこれまでの素晴らしい仕事の集大成とも言うべき展覧会です。

MIYAKE ISSEY展エントランス
MIYAKE ISSEY展エントランス

会場内の最初のsection Aには1970年のジャンプスーツ”TATOO”に始まり、70年代の一生さんのアヴァンギャルドともいうべきDesignの存在感に圧倒されてしまいます。
sectionCでは、一生さんの顔とも言えるマテリアルPLEATSの実演や、田中一光さんとのコラボレーション作品を見る事が出来ます。
会場全体を通して、一生の追求するDesign、マテリアル、色彩を体感しながら堪能する構成となっています。
そんな緊張感の高い展示の中で、LIBRARYスペースは、憩いの場にもなっており、ゆっくりと『FLYING BODIES』の男子新体操も楽しめます。
私は内覧会に参加させて頂いたのだが、セレモニーでは三宅一生さんにフランスのレジオン・ドヌール勲章コマンドゥールが授与されるというサプライズもありました。
会場前では『FLYING BODIES』の音楽を担当したOPEN REEL EMSEMBLEの演奏を楽しむ事も出来ました。

オープンリール・アンサンブル
オープンリール・アンサンブル

展覧会は2016年6月13日までとなります。
是非この機会に六本木の新国立美術館まで足を運び、五感に刺激を受けてみたら如何でしょうか。

MIYAKE ISSEY展
MIYAKE ISSEY展
©2013フライングボディーズ製作委員会
©2013フライングボディーズ製作委員会