「French Cinema」タグアーカイブ

「遭難者」「女っ気なし」               ”Le naufragé”                 ”Un monde sans femmes”  

『女っ気なし』 © Année Zéro - Nonon Films - Emmanuelle Michaka
『女っ気なし』
© Année Zéro – Nonon Films – Emmanuelle Michaka

『遭難者』 © Année Zéro - Kazak Productions

『遭難者』
© Année Zéro – Kazak Productions

永遠に続くと思えた夏に終わりが来て、その時抱く憤りにも似た思いもそろそろ日焼けとともにうっすらとさめてきたような今日この頃。秋の深まりを感じつつ見てみたいのが、1977年生まれ、もう若くはない(その微妙に中途半端な年頃ならではの味わいがいい)フランス映画の新鋭ギヨーム・ブラック監督の2本だ。 併映される25分の短編「遭難者」と58分の中編「女っ気なし」の舞台はどちらもフランス北部の小さな港町オルト。パリから列車で行けるという地の利もあってかつてはヴァカンスの地として人気を博した町も、今や寂れて土地っ子は「土曜の夜は自殺したくなる」と嘆く。そんな退屈まみれの町のうらぶれ感と北の光と海のやわらかさ、さらにはそこに住むバーの主人やマダム、パン屋の老婆等が提供する”物語”をもさらりと取り込み味方につけて監督ブラックは、出会いと別れなどといってしまったのでは大仰すぎる人の縁をおかしくて、懐かしく、やがてつんと鼻の奥に突き上げてくる親密な時空にすくいとる。 寂しい海岸の町がいっそう寂しい季節外れにパリから自転車でやって来たサイクリスト。パンクしたバイクを脇道に投げ捨てて甘いマスクの下に蠢く冬の海みたいなその心を素早く切りとる「遭難者」は、彼にふわりと助けの手を差し延べる土地っ子シルヴァンと、素早く一線を引くパリの青年とのずれつつ近づく奇妙な一夜をぽそりぽそりと語ってみせる。 同じシルヴァンが夏の終わりの海岸にやってきたヴァカンスの母娘と同様にすれ違いながら近づいて、互いの寂しさをふっと融かし合う「女っ気なし」。エリック・ロメールやジャック・ロジェのヴァカンス映画と比較された軽やかな端正さと、ちょっとオタクな昨今のアメリカン・コメディとが交わる地点で映画への愛ばかりでない何か――人という存在への眼を感じさせて、ちくりと胸を打つ才人の登場だ。 11月2日(土)より渋谷ユーロペースほか全国順次公開 公式ページ 「遭難者」「女っ気なし」 *「遭難者」「女っ気なし」はセルクル・ルージュ メンバーによる映画座談会第一弾でも取り上げ近日アップの予定です。ご期待ください。

Why Melville?

ジャン=ピエール・メルヴランスの孤高の映画作家です。
初期のレジスタンス的な思想のものから、文芸的な作品、後年のスターを起用した暗黒街もの=フィルムノワールまで、作品数は少ないものの、幅広いジャンルの映画を作っています。
時代的にはヌーヴェルヴァーグとも被りますが、ヌーヴェルヴァーグとは一線を画する存在であり、彼独自のスタイルで、芸術性と娯楽性が両立する作品を作っていました。
私たちは、そのメルヴィルの持つ娯楽性+芸術性の両立と、映像+音楽+ファッションが一つの信念を持って融合する彼のスタイルを強くリスペクトして、このWEBのタイトルを名付けました。

メルヴィルの最も知られている作品は、アラン・ドロン主演の「サムライ」です。
私が初めて観たメルヴィル作品も「サムライ」で、ドロン演じる寡黙な殺し屋ジェフ・コステロのクールさに、すっかりはまってしまいました。
「サムライ」、「仁義」(Le Cercle Rouge)、思いがけずも遺作となった「リスボン特急」と、晩年の3作は、ドロン3部作と言われ、比較的地味だったメルヴィルの作品が大きく世界に認知されるようになりました。

Le Samourai 1967
Le Samourai 1967

こちらはこのwebのタイトルでもある「仁義」1970年公開時のフランスの予告編です。この作品は、メルヴィル作品としては、フランス国内で最大のヒットとなりました。
アラン・ドロン、イブ・モンタンという2大スターの競演が当時は話題でしたが、非常にフランス的な作品だった「サムライ」に比べると、メルヴィルが好きだったという1940〜50年代のハリウッド産フィルムノワールの影響が強く感じられます。