stile latino(スティレラティーノ) ス・ミズーラ#1 プレイドカシミアジャケット

写真-3

前回BEAMSでのトランクショーのタイミングで投稿したstile latino(スティレ ラティーノ)の記事に多くの方々にアクセスいただきありがとうございました。

12月の初めにその折にオーダーしたジャケットとダブルブレステッドのスーツが仕上がってきましたので、それらについて2回に分けて書きたいと思います。まずはブラウンのプレイドカシミアジャケットから始めましょう。

今回のオーダーはフルオーダーではなく、ラティーノの持っているパターンをファブリックを自分で選び、さらにメジャーリングに基づきよりカスタマイズするいわゆるス・ミズーラでした。

当初私は3シーズン着れるグレーシャークスキンのダブルブレステッドスーツを仕立てるつもりでした。しかしファブリックを見、そして生地選びにつきあってくれたプリモのアドバイスを受けつつイメージを膨らませる中で、全く違う2つ選択にたどり着きました。

まず、ファブリックをみたとき、2013AWシーズンの押しのアルパカ混や渋いグレンプレイドにウインドウペインが入ったラティーノらしいモダンなファブリックに引かれつつ、このヴィンテージっぽいカシミア100%の英国的なプレイドに一発でノックアウトされました。

もう10数年前、もう少し色味が明るい、柄も小振りな、ウエイトの軽いガンクラブチェックのジャケットをラ・ベラ・サルトリア・ナポレターナ製で持っていました。とてもお気に入りで薄いブルーのシャツとネ−ビーのタイというベリー・クラシックな合わせでよく着ていました。今着ると着丈やシャープさが今一つかなという感じです。(直しに出すことも考えましたが、これはこのクラシックなバランスがかっこいいと踏みとどまりました。)

そんなことをこの2シーズンぐらい考えていた中で、このオールタイム・フェイバリットといった感じのファブリックに出会いました。すごくクラシックなファブリックをラティーノ的なサルト感を残しつつコンパクトで同時代感のあるパターンでジャケットに仕立てる。そんな足し算引き算の微妙なバランス感が今回の一つ目のオーダーのテーマとなりました。(それでもブラウンの濃い色味もありプリモに何回もtoo classic でないかと念押ししましたが)

上がってきたジャケットをご覧ください。サイズについてはヴァンチェンツォは私の着ていったレディメイドの42サイズをゲージに身幅をつまみ、着丈を詰めることを提案しました。かなり攻めたサイジングが彼なりの目指すところなのがよくわかりました。

写真

ジャケットは総裏が標準仕様でしたが、ヴァンチェンツォとプリモが二人してカシミヤは背抜きで包まれるように暖かさを感じる仕立がいいんだと身振りを交えて提案。もちろん全面的に従いました。

写真-1

最高に気に入ったのは適正な半身補正をしたように裾がうまく左右に逃げて、とてもすてきに見える点、パッチポケットがバルカポケットと同じようなカーブをつけられているのがビースポーク感を醸し出している点でしょうか。

写真-2

今であればジレで色を拾ってペーズリーのウールタイ、ベージュのコーデュロイパンツとか英国的な合わせが旬なのでしょうが、あえてクラシックにエレガントにチャコールのウールパンツとカシミアタイでも着たいなと思いました。そして黒タートル、オフホワイト5ポケットパンツにオールデンのこげ茶のチャッカといった、英国生地をイタリア的軽さで仕上げ、アメリカものと合わせて着るみたいなノンシャランな着方でガンガン着るのもいいのではないでしょか。さて皆さんはどんなコーディネイトを考えられますか?

私はこれから10年このジャケットと付き合って年を重ねるのだろうと思っています。

(i-phoneでの撮影ではかなり黄色が強くまた赤が浮き出して見えますが、本来は深いブラウンの地色がかなりおじさん臭い生地です。念のため。)

 

「stile latino(スティレラティーノ) ス・ミズーラ#1 プレイドカシミアジャケット」への1件のフィードバック

コメントを残す