うたうひと

©SilentVoice
©SilentVoice

「聞く顔」ってすごく「定義する顔」じゃないすか? つまりその場の状況を定義するのは、聞いている人の顔だったりする

「聞く顔」を撮って、オフでしゃべる人の声がきこえてくれば、状況がすべてわかるような気がする

気鋭の映画作家の作品や声に直接ふれられるウェブサイトLOAD SHOWで、濱口竜介監督作「何食わぬ顔(short version)」を入手したら「顔を巡る対話」という特典文書がついてきて、そこにある濱口監督の上記の発言を噛み締めると、彼と酒井 耕とが撮りあげた東北記録映画3部作(4篇)「なみのおと」「なみのこえ」「うたうひと」が切り取ったいくつもの「聞く顔」がいっそうスリリングに迫ってきた。
2011年3月11日の大地震をいかにかいくぐったか。沿岸部での津波被災者への聞き取り活動から生まれた「なみのおと」、宮城県気仙沼市と福島県新地町の二人一組へと絞り込んだ「なみのこえ」。向き合う二人の対話をひとりの真正面の顔、対峙するもうひとりのそれへの切り返し、真横からのふたり――と、ショットを簡潔に積み重ねながら映画は、語る者の思いをふくんで増幅される意味がいっそ聞き手の顔のほうにこそ映されていく様を静かにあぶりだす。それが作家のあざとい意図として突出することなく、けれどもそうやって人と人とが交わす言葉以上の言葉が物語へと行き着いていくのだと、改めて思わせる。その直截でシンプルな手法。それゆえにくっきりと縁取られていく言葉と意味と心の微妙なずれ。それがあってこそ新たに、より真理に肉薄して現出してくる意味と心。
多分、書き記された記録からはこばれ落ちていくそんな感情の真実の物語/歴史。だからこそ浮上してくる民話という語りの形の可能性に目を向けて第三部にあたる「うたうひと」は3人の語り手とそれを聞くひとりとを向き合わせる。
そこでは語られる同じひとつの昔話が別の語り手の語りによってまた異なる音色や調子を身につけ聞き手の顔に新たな意味を映し込む。差違をのみこんでまた繰り返される言葉。物語。個々のうねりや震えを受け止めて、やがてもたらされる限りない時空、その広がりのことを映画は鮮やかに思わせる。
繰り返された人と自然の歴史のなかにそうやって身を置くこと。対話はスクリーンの向こうとこちらの私たちの時空とももちろん共振していくだろう。そうして映画を見る者にも、もたらされているはずの「聞く顔」。物語/歴史を生きることがそんなふうに他人事でなく体感される大きなグルーブに身をゆだねてみたい。

11月9日(土)よりオーディトリウム渋谷「三部作一挙公開(『なみのおと』『なみのこえ』同時上映)」、16日(土)より渋谷アップリンクにて公開
「うたうひと」公式ホームページ 

stile latino (スティレ ラティーノ)

左からヴァンチェンツォ、息子のチェザレ、有名なエージェントのプリモ
左からヴァンチェンツォ、息子のチェザレ、有名なエージェントのプリモ

stile latino(スティレ ラティーノ)はイタリアはナポリにおいてヴィンチェンツォ・アットリーニが2004年に立ち上げたスーツ、ジャケット、コート等のブランドです。アットリーニ家は1930年代から続くサルト(テーラー)であり、現在もそのクラシックなメインストリームはattoliniというブランドで展開されています。私はヴィンチェンツォが関わってきたSartorio(サルトリオ)、Eligo(エリゴ)といったブランドの頃から、彼の作る服にとても引かれてきました。今回BEAMSで彼のトランクショーが開催され、本人とお会いできたこと、そしてstile latinoのウエッブが立ち上がったこと、この2つの機会を捉えここでstile latinoをとりあげてみたいと思います。まずはその世界観を、新しく立ち上がったサイトでご覧ください。

stile latino(スティレ ラティーノ)

ヴァンチェンツォのつくる服の魅力は、クラシックなテーラードから発しつつ、そこに安住していない、同時代感を感じさせるパターンやコンパクトなサイジング、そして何より他ではなかなか見ない生地により醸し出されています。ブランドのネーミングの「ラテンのスタイル」からは派手で明るいイメージを連想される方もいらっしゃるかと思いますが、予想を裏切る一見地味ながらラテン的渋さを感じさせるオリジナリティあふれる色味と素材感が特徴的です。

シングル三つボタン、ノーパッド、ノープリーツのパンツというミニマルな仕様のスーツ。上襟から肩にかけての吸い付きやアームホールの攻め方が秀逸。ブルー(実際は写真ほど青くない)のモヘア&シルクのシャリ感と渋い光沢がお気に入り。濃い色のポロをインナーに着てもいいが、白シャツ、紺タイ、黒靴のストイックな合わせで着たい。
シングル三つボタン、ノーパッド、ノープリーツのパンツというミニマルな仕様のスーツ。上襟から肩にかけての吸い付きやアームホールの攻め方が秀逸。ブルー(実際は写真ほど青くない)のモヘア&シルクのシャリ感と渋い光沢がお気に入り。濃い色のポロをインナーに着てもいいが、白シャツ、紺タイ、黒靴のストイックな合わせで着たい。
夏物のベージュのコットン・ウールのスーツ。背抜き仕様だが、内ポケット脇のライニングもセンスを感じる。V(ヴィンチェンザ)A(アットリーニ)での表記。
夏物のベージュのコットン・ウールのスーツ。背抜き仕様だが、内ポケット脇のライニングもセンスを感じる。V(ヴィンチェンツォ)A(アットリーニ)での表記。
大きくカーブを描く幅広の襟がクラシックでエレガントなチョークストライプフランネルスーツ。身幅のジャストさ、着丈の短さ、ノープリーツのパンツのタイトさが現代的なバランスをもたらしている。もちろんウールタイ、スエードの茶靴で素材のウエートをそろえたタイドアップがベストだが、タートルで気取るのもいい。
大きくカーブを描く幅広の襟がクラシックでエレガントなチョークストライプフランネルスーツ。身幅のジャストさ、着丈の短さ、ノープリーツのパンツのタイトさが現代的なバランスをもたらしている。もちろんウールタイ、スエードの茶靴で素材のウエートをそろえたタイドアップがベストだが、タートルで気取るのもいい。

 

パッドなし、背抜き,膝上丈のダブルブレステッドコート。ニットやシャツの上にジャケットを挟まなくても着れるジャストなサイズ感。
パッドなし、背抜き,膝上丈のダブルブレステッドコート。ニットやシャツの上にジャケットを挟まなくても着れるジャストなサイズ感。
コートの素材はヴィンテージのTAYLOR&LODGE。スパー150のカシミア混。輪磯ヘリンボーンが渋すぎる。
コートの素材はヴィンテージのTAYLOR&LODGE。スパー150のカシミア混。ワイドヘリンボーンが渋すぎる。
そして正に嗜好品としてのスーツと言えるベビーアルパカ混のブラウンプレイドスーツ。地色がシルバーグレイなのが都会的でモード的にも見える。さてどんなコーディネートを考えますか?
そして正に嗜好品としてのスーツと言えるベビーアルパカ混のブラウンプレイドスーツ。地色がシルバーグレイなのが都会的でモード的にも見える。さてどんなコーディネートを考えますか?

世の中のカジュアル化、気候の変化、ファストクローズ化の中で、こうした重衣料は限りなく『嗜好品』化しています。このサイトを訪れる方の多くも、スーツを着る必要のない方々かも知れません。しかしそうした中であえて嗜好品としてのスーツを、ジャケットを、コートを着たくなる人も増えているように思います。

そしてそうした嗜好品としての選択をするとき、その作り手がなにを見、何を聞き、何を感じて生きているかが重要になるように思います。そこでの作り手との共感性がとても大切になるのです。

お会いしたヴィンチェンツォは、服に対しての提案では大変エネルギッシュでしたが、本人はこちらを許容する懐の深い、渋さを感じさせるすてきな方でした。チャーリー・ワッツが彼の服を着ているとの話をしていたとき、ロックバンドでも活躍中の息子さん(チェザレは自分のCDをくれました)とロンドンのストーンズのコンサートに行った話もしてくれました。ロックを感じる服かい?と聞くと「ラティーノはブルーズだな」といっていたのがなるほどなという感じでした。grazie mille!

 

 

 

 

人はそれと知らずに、必ずめぐり会う。たとえ互いの身に何が起こり、どのような道をたどろうとも、必ず赤い輪の中で結び合うーラーマ・クリシュナー (ジャン・ピエール・メルヴィル監督「仁義」*原題"Le Cercle Rouge"より)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。