DAL CUORE サルトリアスーツの夏2017

ダルクオーレのレコメンド、裏地(袖裏も)なし、副素材一切なしのアイリッシュリネンスーツのジャケット

8月初めのGIGIの日本でのオーダー会の時期が近づくと、私どものセルクルルージュの『テーラード』のサイトを訪れる方が増えるように思います。ありがとうございます。

この8月は私自身はスーツをダルクオーレで誂えませんでしたが、2月の仮縫い時に予告して、ご報告せずじまいになっていたアイリッシュリネンのスーツを体になじませるべく着倒しています。

昨年の夏の『サルトリアスーツの気分』を盛り込んだスーツをご紹介します。昨年のオーダー時には、コットン、シアサッカーとも迷いましたダルクオーレのおすすめのウエイト感のあるドライなアイリッシュリネンがすばらしく、こちらを選択しました。色もタバコと迷いましたが、自分のテーマカラーであるネーヴィーにしました。当たり前なものを異常に着るのがテーマです。

ダルクオーレからは一切の裏地、一切の副素材なしでいこう、の提案。構築的にできるのか?袖はシャツ時が透けないか?等迷いましたが、GIGIがこう作るのが一番格好がいい、と断言し私もその提案に乗ってみることにしました。仕上がりは、生地のドライさも相まって上の写真でも伝わるサルト的構築感がすてきなスーツとして仕上がってきました。

ゴージ低め、ラペルは大きめ、ダヴルステッチ

ジャケットは、ダブルステッチにして着込んだとき味がでる様にと初めから決めていました。

ラペルは、ここのところのムードであるゴージやや低く、ラペル幅は広くしました。上の写真の様にダブルステッチのステッチワークやラペルの返りやボタンホールにサルトリア感を強く感じる仕上がりです。

ダブルパッチポケット

ディテールでは最近サルト仕立てのスーツを着た人たちのスナップにも見られる、パッチのダブルポケット。パッチポケット版チェンジポケットですね。

 

大見返しで袖裏もなし

裏地は一切なし。大見返し。背側も袖も一切ありません。正にリネンのみのリネンスーツですね。オーダー時にGIGIもいい感じに着倒しなじんだ味のあるスーツを着ていましたが、「自分で洗濯機で洗っている』と真顔でいていました。さすがに、私は麻のシャツジャケットは自分で洗いをかけましたが、このスーツは洗いません。まして洗濯機では。

 

パンツはツープリーツ、サイドアジャスター

パンツはここ数年のオーダー時の定番。サイドアジャスター、プリーツはツープリーツにしウエスマンは4cmと少し細くしプレイシーズはせずに着ています。

ちまたでもサルトリアスーツはトレンドを語るキーワード化しています。サルトリア的な要素を盛り込んだ、という意味かと思います。

私はもう少しシリアスに、作り手とのビスポークの中に自分のワードローブを積み上げていく過程に興味があります。最近のピッティのスナップでもそうしたシリアスなサルトリアスーツをノンシャランと着る若い世代がいて頼もしさとシンパシーを感じています。

 

READY STEADY GO! 2 DAYS STORE~SWINGING MIND Vol1/ Sound &Style Showcase~

THE TOKYO LOCALS

セルクルルージュのコンセプトの一つには、音楽とファッション、映画が緊張感を持って近い関係性でいた時代の再現と言うテーマがあります。
それを具現化する活動として、こちらでの告知は間際になりましたが、Ready Steady Go! Presents
Swinging Mind -Sound & Style Showcase- Vol.1を開催致します。

昨年高円寺のGarter Galleryで開催し、多くの方にお越し頂いたReady Steady Go!のポップアップストアを、今年は本拠地であった渋谷並木橋に近いHot Butterd Clubで、READY SATEADY GO! 2DAYS STOREとして、7月15〜16日の2日間開催します。

昼間はショップ+カフェ.夜はTHE TOKYO LOCALSの杉村ルイ君コーディネートによるDJバー+豪華出演者によるライブという2部構成でお届けします。
14~18時は、READY STEADY GO!ショップ営業メインとなりますので、入場無料です。カフェを楽しんで頂く事も可能です。
18~23時は、音楽メインとなりますので、チャージ制1000円(with 1drink)となります。
チャージをミニマムとして、皆様に参加して頂きやすい設定に致しましたので、出演者サポートの為のdonation(投げ銭)を実施させて頂きます。

18時からの長丁場になりますが、HBCオリジナルのエスニックフードメニューもご用意しております。
BAR TIMEでも、SHOPPINGは可能という形にして、どの時間帯でも音楽とファッション両方を楽しんで頂けるように致します。
入場無料な午後の時間帯では、夜の部に出演するバンドの公開リハーサルも行います。
洋服を眺めながら、耳では今のMODSシーンや、R&Bシーンを代表するアーチストの演奏を生で聴いて頂けるかもしれません。
また今週より、HOT BUTTERED CLUBでの店内には、音楽、ファッション、映画のヴィンテージな展示を致しますので、視覚面でも楽しんで頂けるエッセンスをご用意するようにします。

TRIO LOS SOULCRAP

Ready Steady Go! Presents
Swinging Mind -Sound & Style Showcase- Vol.1
2017.7.15(Sat)~16.(Sun)
Ready Steady Go! 2days Store +CAFE: 14:00~18:00
BAR+STAGE: 18:00~23:00
Ready Steady Go! 2days Store+ Café (14:00~18:00)
Door Free
BAR+STAGE (18:00~23:00)
Door Charge¥1,000 with1drink+Donation

Hot Buttered Club
〒150-0002 東京都 渋谷区渋谷 3-1-9 B1F

SHOPでは、現在online storeで販売している商品を、実際に見て、お買い物して頂くことが可能です。
またTシャツやスウェットの新作や、春夏ものを中心にしたMERCやGABICCIなど、お馴染みのブランド商品の夏に相応しいポロシャツや、ショーツなども数は少ないですがご用意致しますので、是非ご覧下さい。

BLACK/MATT GOLD T SHIRT
WHITE/WHITE T SHIRT
英国から素材を輸入したエコバッグ

詳しい出演者のプロフィールは、FACE BOOK ページをご覧下さい。

TIME TABLE
7月15日(SAT)
14:00〜18:00 READY STEADY GO! TWO DAYS STORE+CAFE

18:00~Door charge ¥1,000
18:00〜18:30 DJ:RENO
18:30〜19:00 LIVE:Motel’s Sofa
19:00〜19:30 DJ:KAWANO
19:30〜20:00 LIVE:Enocky&Toneero&Namiki
20:00〜20:30 DJ:HIROSHI SEKIGUCHI
20:30〜21:00 LIVE: The Secret Carnival Workers
21:00〜21:30 DJ:KAWANO
21:30〜22:00 LIVE:The Two Faves
22:00〜22:30 DJ:HIROSHI SEKIGUCHI
22:30〜23:00 DJ:BACK TO BACK
23:00〜 HBC通常営業(3周年)

SECRET CARNIVAL WORKERS
Enocky&Toneero
並木克己
TWO FAVES 青山春裕
TWO FAVES ヒトミトキオ。
関口弘
DJ RENO

7月16日(SUN)
14:00〜18:00 READY STEADY GO! TWO DAYS STORE+CAFE
18:00~Door charge ¥1,000
18:00〜18:30 DJ:MARU INOUE
18:30〜19:00 LIVE: Isao Tsukamoto
19:00〜19:30 DJ:KAWANO
19:30〜20:00 LIVE: Trio Los Soulcrap (feat LUI&Somebody)
20:00〜20:30 DJ:MARU INOUE
20:30〜21:00 LIVE: Blues Harp Natsuko Trio
21:00〜21:30 DJ:KAWANO
21:30〜22:00 LIVE: The Tokyo Locals
22:00〜23:00 DJ:Satoru Fujii
23:00〜 HBC通常営業(3周年)

BLUES HARP NATSUKO
香介(BLUES HARP NATSUKO BAND)
塚本功
井上丸
藤井悟

今回は杉村ルイ君が、日本のMODSシーンをやR&Bシーンを代表するバンドやDJを集めてくれました。
今回出演するメンバー以外にも、まだまだ紹介したいアーチストは数多くいます。
SWINGING MINDは、今後も継続したイベントとして、ファッションと音楽の接点を生む場所をプロデュースしていきたいと考えています。
3連休の前半になりますが、皆様のご来場をお待ちしております。

人はそれと知らずに、必ずめぐり会う。たとえ互いの身に何が起こり、どのような道をたどろうとも、必ず赤い輪の中で結び合うーラーマ・クリシュナー (ジャン・ピエール・メルヴィル監督「仁義」*原題"Le Cercle Rouge"より)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。