MIX CLOUD LCR DISCO-3

LCR Disco-3をMIX CLOUDにUPしました。
今回は曲ごとに解説もつけてみました。
下記のLCR Disco-3というリンクボタンを押して頂くと、
MIX CLOUDのページにジャンプします。
楽しんで頂けたら幸いです。

LCR-Disco-3
shuroom

1. In The Sky / LOOSE END 1983
後にLoose Endsと改名し、爽やか系UKファンクの代表格となったバンドのデビュー12inchシングル。ファンクとフュージョンが融合したライトでアダルトな曲調がこの当時のUKらしい。

2. Keep Tryin’ / MANDRE 1977
MandreのファーストアルバムのA面の1曲目。このアルバムはLOFTクラシックSolar Flight (Opus I)が有名ですが、個人的にはこの曲のDeepでけだるいファンクネスにしびれます。

3. Welcome to Love / SPACE ART 1978
シンセサイザーとドラムスの2人組フランス産バンドの3枚目のアルバムPlay Backより。ストレートすぎるバンド名に不安もよぎりますが、アルバムの内容は間違いなく素晴らしい。シンセサイザーPOPでありながらプログレの要素も含んだオブスキュアな名盤。

4. Merry Go Round / TATSURO YAMASHITA 1983
去年末、日本で最もダンサブルなドラムを叩いていた青山純さんがお亡くなりになりました。1980年初頭、毎年クリスマスは中野サンプラザまで山下達郎のLiveに行っていたのですが、最大の魅力がこの曲でも叩いている青山純(dr)+伊藤広規(b)のファンク隊の演奏でした。最初に聞いたとき、日本人とは思えないそのGrooveに本気でノックアウトされたのを今でも忘れません。
ご冥福をお祈り致します。R.I.P. 青純さん。。

5. Never Give Up / SHARON REDD 1982
主に1980年頭を中心に良質なDance Musicを量産していたNYのPreludeレーベル。そこのお抱えミキサーFrancois KがREMIXを担当した曲の数々はNEW YORK SOUNDの代名詞と言えます。数多くのヒット曲を持つSharon Reddのなかでも特に情熱的に歌い上げるこの曲は、やはりOriginal 12inch Voval Versionがいい。

6. Hold on to Love / SAINT TROPEZ 1979
Rinder & Lewisという男性2人組のDance Music Creator Teamがプロデュースした隠れた名曲。自身の作品では変態ギリギリの危ない曲も多い彼らですが、この曲は究極に美しい。

7. Everybody Wants to Rule The World (extended ver.) / TEARS FOR FEARS 1985
誰もがご存知のTears for Fearsの世界的ヒットの12inchヴァージョン。いい曲はいい。

8. Faith in This Colour / DURAN DURAN 1983
Duran Duranのヒット曲で歌い出しが「プリーズ、プリーズ、テールミーナウ!」のB面インスト曲。昔買った12inchなのですが、買って以来A面は一度も針を落とした事がない。

9. Bostich / YELLO 1980
GarageクラシックでLarry Levenのお気に入りとしても有名な曲。当時はその良さがイマイチ理解出来なかったのが正直なところですが、今聞き直すと凝った音創りは確かに深い。

10. Born Under Punches (the heat goes on) / TALKING HEADS 1980
My Favorite BandであるTalking Headの中でも最重要曲。この曲がなければ、まだ若くロック至上主義の自分がDance Musicに傾倒して行く事は無かったと思われる、自身の音楽遍歴の岐路に立つリズムが主役の革命的楽曲です。ちなみにこれも12inchなので音が太い。

11. Our Darkness (remix) / ANNE CLARK 1984
REMIXでボトムのキックが強調されよりハウス的になったリズムに乗って、イギリスの女流詩人が歌うNew Waveヒット曲。1984年、ハウス誕生前夜にシカゴのDJ達に愛されたこの12inchは今聴いてもハードエッジです。

12. Communicate (instr.) / KIRLIAN CAMERA 1983
イタロの重鎮KIRLIAN CAMERAの至極の一曲の12inchシングルB面Instrumentalヴァージョン。イタロ関係はダサい曲も多いのですが、それでもB面は要注意。

13. The Right Mix / UNITS 1982
当時のディスコやクラブはその立地や客層によってかける音の趣向がはっきりと区別されていました。その後、Disco Dub系のDJ達のおかげもあり、それらの垣根が取り払われ分け隔てなくいい曲はみんなに聴かれるようになったのはうれしいかぎり。この曲もそんなひとつだと思います。

14. Searching / CHANGE 1980
1980〜1982年のCHANGEはどれをとっても間違いありません。サウンドプロダクションは本国イタリアで制作、ヴォーカルは曲ごとに違うアーティストでNYにて録音という贅沢なつくり。この曲のボーカル担当はルーサー・ヴァンドロス。

コメントを残す

人はそれと知らずに、必ずめぐり会う。たとえ互いの身に何が起こり、どのような道をたどろうとも、必ず赤い輪の中で結び合うーラーマ・クリシュナー (ジャン・ピエール・メルヴィル監督「仁義」*原題"Le Cercle Rouge"より)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。