“FLYING BODIES” Special Event Screening 出演者決定!

©2013フライングボディーズ製作委員会
©2013フライングボディーズ製作委員会

先日お知らせしました中野裕之監督のノンフィクション・フィルム「FLYING BODIES」スペシャルイベント・スクリーニングの概要が決まりました。

スペシャルイベント・スクリーニング
中野裕之 × Open Reel Ensemble × BLUE TOKYO

シネマ・ツーでのスペシャルイベント上映の内容が決まりました!
12 月 12 日(木)午後 7 時 30 分から、日本一の音響を誇る映画館シネマ・ツー(JR 立川駅北 口モノレール沿)で行なわれる一夜限りのスペシャルイベント上映の内容が決定しました。 「FLYING BODIES」上映終了後、中野裕之監督、オープンリールアンサンブル、BLUE TOKYO によるライブトーク+映像+ミニパフォーマンスが行なわれます。中野監督はこの映画づくり に込めた思いを語るだけでなく、監督が撮影した新たな映像を通して、7 月に行なわれた「青森 大学男子新体操部」公演の音楽や映像の舞台裏の様子を明らかにします。また、同公演の音楽 を担当したオープンリールアンサンブルは、男子新体操の演技にあわせた音楽づくりについて語り、デモンストレーションも行ないます。
そして、ダンス+男子新体操のプロユニットである BLUE TOKYO は、男子新体操の魅力を伝えるミニパフォーマンスを行ないます。
さらに追加情報として、中野監督がある大物ミュージシャンとのコラボレーションで、モンゴルで撮影した新作ショートフィルムを、本邦初公開で同時上映。さらにこの新体操のイベントや三宅一生さんのコレクションをサウンド面で支えるOpen Reel Ensembleを、中野監督が撮った映像も上映します。

Open Reel Ensemble
2009年より和田 永を中心に佐藤公俊、難波卓己、吉田 悠、吉田 匡が集まり活動を開始した。かつて磁気記録メディアが広く普及していた時代に、最高の音質と性能を持ったオープンリール式磁気録音機。彼らはそれをコンピュータとドッキングさせ、あたらしい「楽器」として甦らせ演奏する。
メディアアートと音楽の双方を自由に行き来する今注目を集めるユニット。

オープンリールアンサンブル
オープンリールアンサンブル

Blue Tokyo
2010 年結成したDance + 男子新体操のプロユニット。アスリートからアーティストへ… 研ぎ澄まされた肉体と高い芸術性を兼ね備えた唯一無二の新たな表現。国内ではテレビ・舞台のライブパフォーマーとして、また、シルク・ド・ソレイユによるMICHAEL JACKSON THE IMMORTAL WORLD TOURに参加するなど、男子新体操の活動を国際舞台へと広げている。今年1月に2000人を集めた初公演を成功させ、来年2月には「BLUE VOL.2」を開催する。

メンバー:大舌恭平 椎野健人 増田快雄 佐藤喬也 松田陽樹 石塚智司
メンバー:大舌恭平 椎野健人 増田快雄 佐藤喬也 松田陽樹 石塚智司

日時・場所
■時間:12月12日(木) 19時30分 開演 (19時開場予定)
■出演:中野裕之 + Open Reel Ensemble + BLUE
■料金:前売券1,800円 チケットぴあ ( http://w.pia.jp/a/00021285/ )
■問合せ web flyingbodies.jp
立川シネマシティー:シネマ・ツー TEL:042-525-1237

「“FLYING BODIES” Special Event Screening 出演者決定!」への1件のフィードバック

コメントを残す